一時的にお金を借りたいときの対処法は?短期間だけお金を借りる方法8選

どうしても一時的にお金が借りたいときにおすすめの方法とは。現役の信用金庫職員が監修のもと解説

一時的にお金を借りたい方に、簡単に安心してお金を借りることができる方法

をご紹介します。

例えば、

  • 家族や友人の冠婚葬祭
  • ケガや病気したときの医療費
  • 家電が故障したときの修理や買い替え
  • 忘れていた光熱費や税金の支払い

このように、普段の生活で予期せぬ出来事で出費がかさみ、一時的にお金を借りたいとき、短期的にお金を借りることができる方法を8つ厳選して紹介します。

一時的にお金を借りたいなら、すぐに返済もでき利息はほとんどかかりません。さらに、当編集部が推奨する方法なら、一時的にお金を借りたいときでも利息0円で利用できます。

利息0円で一時的にお金を借りたい人向け
  • おすすめ!プロミス・・・借りてから30日間は無利息。原則電話なしで最短30分融資
  • アイフル・・・契約翌日から30日間は無利息。原則電話なしで最短25分融資
  • クリックすると詳細をご覧いただけます。

ぜひ最後までご覧ください。

一時的にお金を借りる方法一覧

一時的にお金を借りたいときに、短期間だけお金を借りられるおすすめの方法は次のとおりです。

 

お金を借りる方法

融資スピード

金利年率

無利息サービス

借入限度額

借りやすさ※

大手消費者金融カードローン最短25分3.0%~18.0%

1千円~800万円★★★★★
銀行カードローン最短翌日2.0%~14.0%

1千円~1千万円★★★★☆
クレジットカードのキャッシング最短翌日以降~18.0%

1万円~300万円★★★★☆
総合口座貸越(自動貸付)即日預金金利+0.2%~0.5%

~500万円★★★☆☆
生命保険契約者貸付最短即日3.0%~5.0%

解約返戻金の70%~90%★★☆☆☆
緊急小口資金最短5日0.0%~1.5%

20万円★★☆☆☆
総合生活福祉資金約1ヶ月1.5%

60万円★★☆☆☆

※借りやすさは、審査の通りやすさとは異なり、借りる時の状況や手続きの複雑さに応じて簡易的に評価したものです。

上記の8つの方法の中で、当編集部の推奨は「大手消費者金融系カードローン」です。

一時的にお金を借りたいなら消費者金融の無利息サービスがおすすめ

お金を借りる方法はたくさんありますが、一時的にお金を借りたいときは、消費者金融カードローンがおすすめです。その理由は次のとおり。

  1. WEBから10分程度で申し込みができる
  2. 審査がすぐに始まり最短25分と早い
  3. 契約と融資が最短即日で可能
  4. さらに一時的(30日間~180日間以内)にお金を借りるなら無利息で借りれる

このように、一時的にお金を借りたい方にとって、メリットがたくさんあります。

まず、WEBから申し込みができるので、スマホを使って簡単にお金を借りることができます。

必要書類は本人確認書類として運転免許証の画像を送信するだけでお金を借りることができます。

必要書類1つだけで急な出費にも対応できます。

また、マイカーローンのように、長期的に高額な借入をするわけではないので、審査結果が早くわかります。

「すぐにお金を用意したい」「少しだけ借りたい」「まとまったお金が必要」「借りた後すぐに返済したい」という時でも利用しやすい借り入れ方法です。

給料日前の食費などの生活費でお金を借りたいとき、急にまとまったお金が必要になったときなど、さまざまな目的で利用できます。

特に大手消費者金融は、無利息期間中は金利0%で借りられる点が大きなメリットです。

カードローンの無利息期間の意味とは?

初めての契約なら、契約後30日間~といった期限内の借入に対して、金利ゼロ・支払利息ゼロ円にするサービスのことです。詳しくは無利息サービスをおこなっている会社の解説を参考にしてみてください。

無利息キャッシングサービスは何度でも適用されるのですか?

基本的には契約後から30日間の期間内のみの適用となる場合がほとんどです。レイクALSA(レイクアルサ)では60日間と180日間があり、180日間は「期間内なら完済しても何度でも適用可能」となっています

借り入れ金額に関わらず無利息となりますか?

会社によって違いがあります。基本的には審査で決まった借入限度額満額までは無利息です。ただしレイクALSA(レイクアルサ)の場合は、いくつかの無利息サービスがあり、別途無利息限度額が決まっているものもあります。

おすすめの大手消費者金融3社

無利息サービスがある、大手消費者金融3社を紹介します。この3社は、借入金額が50万円以下なら申し込み時に収入証明書がいらないので、一時的にお金を借りたい人には、手間が少なくて借りれるのでおすすめです。


●プロミスは無利息30日間が必ず使える

【プロミス】(https://cyber.promise.co.jp/)

プロミス

  • 審査スピード 最短15秒
  • 融資スピード 最短30分
  • 借入金利(年率) 4.5%~17.8%
  • 借入限度額 500万円
  • 無利息期間 最大30日間(初めての契約の方)
  • WEB完結 〇
  • 収入証明書 借入限度額50万円以下なら必要なし

プロミスは、「審査が早い」「即日融資が可能」なので、急な出費のときでも、すばやく一時的にお金を借りることができます。

さらに、プロミスのメリットは無利息期間が借りた次の日から30日間あることです。他の消費者金融は、「契約した次の日から30日間無利息」なので、借りなくても無利息期間が経過します。

プロミスは借りていない間は30日間のカウントが始まりませんので、必ず30日間無利息が続きます。

したがって、一時的にお金を借りたいときが少し先の場合、先に契約を済ませておけるので、余裕をもって準備ができます。

例えば、「契約から20日後に一時的に10万借りる」計画の場合、プロミス以外の消費者金融は10日間だけ無利息ですが、プロミスなら借り入れしてから30日後までに返済すれば、無利息で借りられます。

また、スマホアプリを使えば、セブン銀行、ローソン銀行のATMからスマホだけで簡単に借り入れ・返済ができとても便利です。

 


●レイクALSA…は最大180日間の無利息期間がある

【レイクALSA】(https://lakealsa.com/)
  • 審査スピード 最短15秒
  • 融資スピード 最短25分
  • 借入金利(年率) 4.5%~18.0%
  • 借入限度額 500万円
  • 無利息期間 最大60日間または180日間(初めての契約の方)
  • WEB完結 〇
  • 収入証明書 借入限度額50万円以下なら必要なし

レイクALSAを利用する最大のメリットは、最大180日間の無利息期間があることです。

最大180日間の無利息期間が使えるのは、「初めてレイクALSAで借りる方」と「5万円までの少額融資」という条件になります。少しだけ借りたい人にはとてもお得なサービスです。

また、WEB申込なら借入金全額が60日間無利息になるプランも選べますので、借りたい金額に応じて無利息期間を選択できるのも便利なポイントです。

無利息期間が長いとどれだけ利息がお得になるか?検証してみます。

例えば、5万円を180日間、年率18.0%で借りた場合、利息は

5万円×18.0%×180日間÷365日=4,438円となります。

約半年間借り続けても本来4,438円の利息が初回は無料なので、はやめに返せる方でも余裕をもって返済することができます。

※実際には、毎月最低返済額の4,000円を返済しますので、利息は少なくなります。

一時的にお金を借りたい方にとって、180日間も借り続ける必要がないかもしれませんが、レイクALSAは、一旦全額返済すれば契約後180日間は、5万円までなら何度でも無利息サービスが利用できます。

また一時的にお金を借りたいシーンがあれば、役に立ってくれます。

スマートフォンのアプリを使ってセブン銀行ATMからカードレスで借り入れができます。

 


●アイフルは融資スピードが最短25分と早い

【アイフル】(https://www.aiful.co.jp/)
  • 審査スピード 最短25分以内
  • 融資スピード 最短25分
  • 借入金利(年率) 3.0%~18.0%
  • 借入限度額 800万円
  • 無利息期間 最大30日間(初めての契約の方)
  • WEB完結 〇
  • 収入証明書 借入限度額50万円以下なら必要なし

アイフルを利用する最大のメリットは、融資スピードが最短25分と早いことです。「原則電話なし」で審査から借り入れまでが完了します。

在籍確認の電話も原則、職場に連絡がないので、一時的にお金を借りたい方でもバレないのでおすすめです。

したがって、審査手順が簡素化され最短25分と一番早く現金の受け取りができます。

また、事前にホームページで1秒診断をすると融資の検討が可能かを判断してくれるので、本申込前から不安を解消できます。

即日融資可能な中でも特に早いので、緊急で一時的にお金を借りたい方は、にはおすすめです。

アイフルのスマホアプリは、セブン銀行ATM、ローソン銀行ATMで借り入れ・返済ができるので、利便性は高いです。

各消費者金融の問い合わせ先

カードローン全般のことでわからないことや質問したいことがあれば、各カードローン会社に問い合わせで相談ができます。

プロミスの問い合わせ・相談

フリーダイヤル・・・0120-24-0365

わからないことは質問しておけば、初めてのカードローンでも上手なキャッシングができます。

アイフルの問い合わせ・相談

初めての方フリーダイヤル・・・0120-201-810

レイクALSA(レイクアルサ)の問い合わせ・相談

初めての方24時間受付フリーダイヤル・・・012009-09-09

アコムの問い合わせ・相談

はじめてのお客さまのお問い合わせフリーダイヤル・・・0120-07-1000ネットからの問い合わせフォームはこちら

カードローンでお金を借りる時の返済方法

次に「具体的な返済方法」についての解説します。短期的にお金を借りるときは、返済がいつでもでき、しやすくなっていることが重要です。

その点、銀行系や大手消費者金融系カードローンの返済方法は、いくつかの方法があり利便性に優れています。

大きく分けると次の方法があります。

  • インターネットを使う
  • ATMを使う
  • 金融機関口座から自動引き落とし
  • カードローン会社に振込をする
  • アプリを使う

これらの中から、自分に合った方法を選ぶことができます。

ここからは、各返済方法についてわかりやすく解説します。

インターネットを利用する

ほとんどの大手カードローン会社には、「WEB管理画面」というサービスがあります。WEB管理画面にログインすると、次のような操作ができます。

  • 借り入れの申し込み
  • 返済の申し込み
  • 月々の返済日の確認
  • 借入残高・利息の状況確認
  • 増額の申し込み
  • 登録情報の確認

外出先でも自宅でも、パソコン・スマートフォンがあれば、ほぼ24時間簡単に操作が可能です。

総合口座貸越(自動貸付)で一時的にお金を借りる方法

カードローン以外の方法では総合口座貸越(自動貸付)がおすすめです。メリットとしては「金利が低い」点です。

一般的には総合口座貸越、ゆうちょ銀行では貯金担保自動貸付という名称です。

何かの目的のために貯めている、動かしたくない定期預金がある方におすすめです。

Q、総合口座の当座貸越とはどのようなサービスですか?

A、総合口座の当座貸越とは、総合口座定期預金を担保として自動融資(当座貸越)を行う機能です。

普通預金残高を超えて払い出しを行うと(自動支払時を含む)、自動的に総合口座当座貸越のご利用となります。この場合、通帳などの残高はマイナス表示になります。貸越のご返済は、普通預金に入金することで(自動受取時を含む)、自動的に行われます。

引用元:みずほ銀行公式サイト

担保となる定期預金がある方限定にはなりますが、借り入れの申し込み手続き不要で、預金担保があるため審査なしで破格の低金利でお金を借りることができます。

借り入れ上限は預入金額の90%、もしくは銀行ごとに決められた上限金額となります。90%の借り入れ上限であれば、10万借りたいときには、11万2千円の定期預金を預ける必要があります。

担保となる定期預金をするだけで、借りている間を含めて、個人信用情報に登録なしで利用できる点も最大のメリットです。

注意点

万が一返済が滞り、定期預金解約をもって債務返済した場合は、個人信用情報に履歴として登録されます。

また、普通預金口座に貸越枠が設定できる方法もあります。この場合は、担保なしなので定期預金が必要ありません。

キャッシュカード一体型カードローンとも呼ばれ、限度枠までキャッシュカードで引き出しできます。普通預金口座がマイナスになれば、自動的に当座貸越になり自動融資になります。利用するためには審査がおこなわれます。

ただし、この貸付を利用した場合は、個人信用情報機関(全銀協)に登録されます。また、金利は通常の無担保カードローンと同じ金利です。

普通預金口座に貸越枠は口座引き落とし残高が無い場合も自動的に融資されます。こちらは、信用情報機関(全銀協)に登録されます。当座貸越の極度額が登録されますので、審査に影響があります。

引用元:Yahoo!ファイナンス

緊急小口資金で一時的にお金を借りる方法

短期的にお金を借りたいと考えても、担保に出せる預金がない場合や、消費者金融やその他借り入れ先の審査に落ちてしまった場合は、一時的であってもお金を借りることができません。

その場合、最終手段として市役所の窓口でお金を借りられる「緊急小口資金」があります。

「緊急小口資金」とは

緊急小口資金は、国からお金を借りる方法です。新型コロナウイルス感染症の影響で休業された方向けの貸付制度です。公的機関から借りられる少額融資の数少ない制度です。

緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用をお貸しします。(無利子・保証人不要)

■対象者・・・新型コロナウイルス感染症の影響を受けて、休業等による収入の減少があり、緊急かつ一時的な生計維持のための貸付を必要とする世帯

■貸付上限額・・・20万円以内

■お申込み先・・・市区町村 社会福祉協議会

引用元:厚生労働省HP

新型コロナウイルス感染症の影響で収入の減少があれば、休業状態でなくても対象となります。

申込窓口は、お住まいの市区町村の社会福祉協議会となります。市区町村によって手続きの内容や取り扱いの有無に違いがあるため、事前に問い合わせをしてください。

緊急小口資金の問い合わせ窓口

低金利でお金を借りたいなら銀行カードローンを利用する

銀行カードローンも一時的にお金を借りたいときに利用できるサービスです。

消費者金融より低金利で借りられるのがメリットです。

一時的に低金利でお金を借りることができる銀行

全国ユーザーが対象の大手銀行系カードローンの中で、最短翌日にお金を借りることができるのが、次の2つの会社です。

  • 三菱UFJ銀行カードローンバンクイック 金利年率1.8%~14.6%
  • 楽天銀行カードローン(スーパーローン) 金利年率1.9%~14.5%

この2社は即日融資はできませんが、「最短翌日融資」が可能です。お金を借りるまで1日程度は待てるのであれば、低金利である銀行系カードローンを選ぶことをおすすめします。

さらにこの2社は、コンビニでお金を借りるときのATM手数料が無料です。コストパフォーマンスにも優れています。

詳しくはこちらのページを参考にしてください。↓

銀行と消費者金融の違い

カードローンは「銀行と消費者金融」の2種類です。どちらにおいても、一時的にお金を借りたいときに利用できる会社です。

選び方は選択肢が少ないと感じる方もおられるかもしれませんが、全部合わせると数百社の会社があります。

その中で、個人向け無担保カードローンで一時的にお金を借りたいなら、まず「大手の安心できる会社」をおすすめします。

そして、それぞれの会社独自の特徴やサービスを確認し、一番優先したい条件を見つけて選ぶのがベストです。

では「安心・安全」にお金を借りる方法のカードローンに焦点をあて、具体的な金融機関名とその内容を解説します。

お金を借りるときの審査について

お金を借りるときの審査つについて

一時的にお金を借りるためには、審査をスムーズに通過すことが大事です。ちょっとした手違いがあると、「即日融資」「翌日融資」ができなくなってしまうこともあるので、急ぐ方は注意が必要です。

消費者金融の審査は、比較的ハードルが低く時間が短くなっています。(最短30分~で結果がわかる)したがって、申し込んだその日のうちに借り入れが可能です。

一方、銀行系のカードローンは金利が低い特徴をもっていますが、審査はハードルが高くなり最短で翌日の融資となり時間がかかります。

まずカードローンの審査基準を知っておきましょう。審査では「申込条件、収入状況、借入状況」の3点の審査基準を必ずチェックされます。

初めに申込条件に当てはまらなければ、申込をしてもカードローンを利用することができません。申込条件の例として、年齢や収入、返済能力があることなどが挙げられます。

次に審査では「返済を無理なくできるか?」を重視しています。

そのため、「利用者が限度を超えた借入をして生活費の負担増大にならないよう」配慮されています。審査でおこなわれるチェック内容は以下のとおりです。

  • 申し込み申請書の確認・・・住所・氏名などが間違ってないか、家族構成、勤務先の在籍確認の電話など。
  • 他社からの借入・・・「貸し過ぎ」を防止するため。複数のカードローン会社が貸し過ぎると利用者が「多重債務」に陥り、返済ができなくなってしまう可能性が高くなる。
  • 年収・・・融資が受けられる金額を確認するため。無理な返済による生活費への負担を回避するため。
  • 過去の延滞歴や債務整理歴・・・過去にお金を借りたときの返済の履歴。信用度が見られる。
  • 収入状況と借入状況については、申込条件にも含まれる「返済能力があること」の確認にも用いられます。

    収入と借入のバランスに無理はないか?という点がポイントになりますが、借入状況は申告内容と個人信用情報の照会結果が一致しているかを見られるため、申込時点で故意に借入金額を少なく申告すると信用を失います。

    審査に悪影響を及ぼすこともあり得るため、申込の際は故意の有無に関わらず間違った申告にならないよう気を付けましょう。

    大手公式サイトでは、事前に審査が通るどうか?がわかる簡易診断がありますので、まず利用してみるとよいでしょう。

    詳細な審査内容は借入先によって異なりますが、大きな流れとしてはこちらのページを参考にして下さい。↓

    借りたい理由によって選んでみる

    次の理由によって、銀行か消費者金融か?を選んでみてもいいでしょう。

    お金を借りるときの金利について

    通常はお金を一時的に借りる場合でも、金利に対して利息がかかります。利息の計算方法について解説します。

    次の4社は金利もそれぞれ異なります。

    会社名金利(実質年率)
    アコム株式会社(ACOM CO., LTD.)3.0%~18.0%
    レイクALSA4.5%~18.0%
    アイフル3.0%~18.0%

    金利の違いでどの程度利息に差が出るのか、アコムの事例で実際に計算してみましょう。

    借入残高×借入利率÷365日×ご利用日数=利息

    この計算式に当てはめると簡単に支払い利息がわかります。

    借入条件は、以下の通りです(1円未満は切捨てとする)。

    ・借入額30万円
    ・契約100万円以下に適用する最高金利・契約100万円以上に適用する最高金利の2つ
    ・借入日数30日間

    契約100万円以下に適用する最高金利18.0%の場合・・・30万円×18.0%×30日÷365日=4,438円
    契約100万円以上に適用する最高金利15.0%の場合・・・30万円×15.0%×30日÷365日=3,698円

    30万円を例に計算すると、支払利息の差は740円となりました。ただし、初めてアコムで契約をした場合は、無利息キャッシングサービスが適用されますので、30日間で返済するなら支払利息は0円です。

    一時的にお金を借りたいときの注意点

    お金を借りる時の注意点は以下の3点です。

    総量規制で借入限度額が変わる

    借り過ぎの状態にならないように、貸金業法では総量規制という借入金額の上限を規制する法律があります。

    Q2-1. 総量規制とは何ですか?

    A2-1. 借り過ぎ・貸し過ぎを防ぐために設けられた新しい規制です。具体的には、貸金業者からの借入残高が年収の3分の1を超える場合は、新たな借入れはできなくなる、という内容です。

    例えば、年収300万円の方は、貸金業者から100万円までしか借りることができないということになります。

    引用元:金融庁HP|総量規制とは

    総量規制では年収の3分の1を超える貸付が原則禁止されています。例えば年収300万円の方は、最大100万円まで借りることができます。

    総量規制について。年収300万円の人は最大100万円まで借りられる

    引用元:日本貸金業協会|総量規制について

    総量規制は、貸金業者からの借り入れが対象です。銀行の銀行法、信用金庫の信用金庫法では、総量規制について明記されていませんが、両社とも自主規制により個人向け無担保ローンは年収の3分の1までを基準として、貸付をおこなっています。

    総量規制を超える借り入れの申し込みは、審査に落ちる原因となります。

    借りた後の返済方法に注意

    一時的に借りたお金は、できるだけ早く一括返済すれば利息の支払い額は少なく済みます。カードローンは任意返済ができ、いつでも全額返済できるので、利息の軽減につながります。

    分割返済をするときの返済方法は以下の3つです。

    • 元金定額方式
    • 元利定額方式
    • 残高スライド元利定額方式

    元金定額方式では、毎月一定の元金+利息を支払います。毎月の返済額が変動しますが、元金は早く減る点が特徴です。

    元利定額方式は、毎月の返済額が一定で返済計画が立てやすい返済方法です。元金の減り方は返済が進むにつれて早くなります。

    クレジットカードのリボ払いは、この方式に基づいています。

    残高スライド元利定額方式とは、まず残高スライド方式は、借入金額が減ると毎月の返済額も段階的に減る返済方法です。

    残高スライド方式でない場合に比べて、毎月の返済負担は軽減できますが、元金の減りが遅い点が特徴です。

    残高スライド元利定額方式は、残高スライド方式と元利定額方式の組み合わせとなるため、毎月の返済額が安定して減っていきますが、その分返済期間は長くなります。

    分割返済の場合は、元金を減らすために一定期間を有するため、利息が増えていきます。

    借り入れ先によって選べる返済方法が異なるため、一時的にお金を借りたいときは、返済方法の特徴をおさえて無理なく計画的な返済を進めることが重要です。

    年金を担保にはできない

    年金を受け取っている方が対象の、公的機関からお金を借りられる制度である「年金担保貸付制度」は令和4年3月で申込受付が終了しました。

    厚生労働省の年金担保貸付制度が終了した告知

    引用元:厚生労働省公式サイト|年金担保貸付制度終了のご案内

    制度終了に伴い、年金を担保に借り入れすることは例外なく全て法律で禁止されています。違法な貸金業者等に騙されないように注意してください。

    一時的にお金を借りたいときのよくある質問と回答FAQ

    一時的にお金を借りたいときどんな方法がありますか?

    短期的にお金を借りるなら、カードローン、総合口座貸越(自動貸付)、クレジットカードのキャッシングといった方法があります。また国や都道府県から緊急にお金を借りることもできます。※詳しくはこちら

    一時的ならいくらまでお金を借りることができますか?

    金融機関から借りる場合は、審査によって借りれる金額が決まります。10万円までの借入なら、継続して安定した収入のある方なら審査に通過しやすいです。市役所が窓口の緊急小口融資であれば、最大20万円まで借りることができます。

    できれば無利子で借りたいのですが可能ですか?

    大手消費者金融なら、初めて契約する場合「無利息サービス」があるので、30日程度の短期間で返済できれば無利息でお金を借りることができます。※詳しくはこちら

    急いでお金を借りたいので即日融資のできる方法を教えてください

    大手消費者金融なら、申し込み・契約したその日に借入できます。ただし、締め切り時間があるので注意が必要です。※詳しくはこちら




    canele(カヌレ)信用金庫勤務|ファイナンシャル・プランニング2級資格保有者

    canele(カヌレ) 元信用金庫職員 女性

    大学卒業後信用金庫に4年勤務し、預金業務を1年間、融資業務を3年間経験。融資窓口にて個人ローン500件以上・事業性ローン3,000件以上の融資実行、相談受付、稟議作成、債権回収、格付、自己査定を担当。2級ファイナンシャル・プランンニング技能士(個人資産相談業務)|資産査定3級|銀行業務検定(財務2級・法務3級・税務3級)

    iAnswer株式会社編集部

    iAnswer株式会社 加藤明久

    実際にカードローンに申し込みした体験や金融機関の取材情報をお届けします。FPエージェンツ通信では、カードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まり、知識やスキルをいかし執筆・監修・編集を行っています。