お金を借りる/今すぐお金を借りたい|おすすめの方法について

お金借りるさまざまな方法や「今すぐお金を借りる」ための手順を解説
お金を借りる方法をおしえてください

よくFPエージェンツ通信編集部に質問が寄せられます。回答は次のとおりです。

まず方法としては大きく分けて二つあります。

です。

  • お金を借りたい(今すぐお金を借りたい)
  • お金を借りる・お金借りる

この2つの言い方はよく似てますが、より的確にアドバイスしたいと思うとお金を借りる方法の内容が変わります。

まずこちらの解説を参考にしていただけますと幸いです。↓

急いでお金を借りたい方は、「即日融資ができる個人向けカードローン」をおすすめします。

この方法が今すぐお金を借りるうえで最も選ばれている方法といっても過言ではありません。

カードローンは、できれば即日融資あるいは翌日融資のように、最短でお金を借りることができる唯一の方法です。

一方、融資目的に合わせて方法を選ぶ金利が低くなる利点があります。

当ページは、お金を借りる用途に合わせて最適な方法を比較することができます。ぜひ最後まで読んでみてください。

目次

「お金を借りたい(今すぐお金を借りたい)方法」と「目的に合わせてお金を借りる・お金借りる方法」どちらを知りたいですか?

今すぐお金を借りたい(お金を借りたい)とおっしゃる方は、「お金を借りる」と比べると、今まさにお金を借りることを強く望んでおられると当編集部では理解しています。

さらに「今すぐ」なら「緊急性が高い」わけです。

結論として「今すぐお金を借りたい・お金を借りたい」とおっしゃられたときは、次の方法を提案します。

「手軽に」「時間をかけずに」「無担保」でお金を借りることができるおすすめの方法は「個人向け無担保カードローン」です。

ですのでまず●「カードローンを利用すれば初めてでも自分一人でお金を借りることができる」の解説を参考にしてください。

一方、「お金借りる・お金を借りる」とお話しされるときは、大体の場合で「どんな方法があるのか教えてほしい」という希望が強い方です。

今すぐお金を借りたいということではないけれど、「近い将来こんな目的でお金を借りたいのでどのような方法があるのか?」をじっくりと検討したいときです。

その場合、当編集部ではまず「お金を借りる目的は何ですか?」とお聞きします。その答えに合わせて「借りる方法や機関」を提案させてもらっています。

次の項目では●「お金を借りる目的に合った借入方法について解説」していますので、ご覧ください。

自分に合った借入方法を探す

お金を借りる目的別に自分に合った方法を探すアドバイス

先に解説したとおり、「カードローン」は「どんなローン目的にも使える個人向け貸付」で「今すぐお金を借りたい」が最も身近な方法です。

ただし、お金を借りたいとお考えの方の理由はさまざまです。その理由によっては、選び方や金利等が変わってきます。したがって、まずはその理由に合わせて借りるところを探すことが重要です。

融資を受けるとき、9つのチェックポイントがあります。

  • 1、借りたい目的に合わせてさまざまな方法がある
  • 2、個人がすぐにお金を借りるおすすめの方法
  • 3、申し込み方法・申請方法
  • 4、お金を借りるときのローン審査
  • 5、借入金利の比較
  • 6、借入するとき・返済するときの方法
  • 7、おすすめのカードローン会社
  • 8、お金を借りないで援助を受ける
  • 9、お金を借りたいときの相談の方法
  • 「上手にお金を借りる」とても重要な内容です。特に初めての方は必ず理解しておきましょう。

    お金を借りる方法のまとめ

    お金を借りる方法としては、金融機関から公的融資制度まで幅広い選択肢があります。

    「今すぐでなくても良いのでお金を借りる方法を知りたい」方も含めて、まずは借入方法についてどんな種類のローンがあるのか?を一覧にしました。

    ※その他、お金を借りないで支援を受ける方法もあります。

    お金借りる目的方法
    生活資金のお金を借りたい人カードローンで借入・クレジットカードのキャッシングサービス
    無担保・無保証でお金を借りたい人カードローン・クレジットカードでお金借りる
    とにかくすぐにお金を借りるなら即日融資ができる消費者金融系カードローン翌日融資ができる銀行系カードローン
    家のリフォームで借入したい銀行・信用金庫・信用組合・JAバンク(農協)(リフォームローン)
    住宅購入資金のお金を借りる銀行・フラット35住宅ローン・信用金庫・信用組合
    教育費用で融資を受けたい人向け銀行・信用金庫・信用組合・JAバンク(農協)の教育ローン
    車・バイクの購入で借入したいなら銀行・信販会社・JAバンク(農協)のカーローン
    学生の人がお金を借りたいとき消費者金融系カードローン
    専業主婦の人がお金を借りる配偶者貸付で借りる
    低金利で自由に使えるお金を借りる低金利のカードローン
    不動産を担保にしてお金を借りる不動産担保ローン
    アプリチャージで借りるキャッシュレス決済会社
    複数の借入を1社にまとめたいなら労金(ろうきん)で借りる・借り換えローンで借りる銀行おまとめローンで借りる
    法人や個人事業主が運転資金を調達したいならファクタリングを利用する
    事業資金の融資をしたいなら日本政策金融公庫で借りるビジネスローンで借りるファクタリングを活用する
    起業する資金のお金を借りたいなら日本政策金融公庫
    株式・国債などを担保にお金を借りる証券担保ローン
    貯蓄をしながらお金を借りる貯金担保自動貸付け小規模企業共済貸付制度
    新型コロナウイルス感染症の影響で借りたい人厚生労働省の制度
    ローン審査が不安な人大手以外の中小貸金業者・お金を借りずに支援の申請をする
    ローン審査に通らない人・ローン審査なしで借りたいなら質屋で借りるお金を借りすに支援の申請をする

     

    お金を借りる場所・金融機関・支援一覧
    共済組合の貸付で借入する
    年金担保貸付制度で借りる
    配偶者貸付で借りる
    国の公的融資制度で借入する
    生活サポート基金で借りる
    従業員貸付制度でお金を借りる
    生命保険の契約者貸付制度で借りる
    郵便局(ゆうちょ銀行)から借入
    公衆接遇弁償費で警察から借りる

    このように借入方法はさまざまです。まず自分に合った目的のローンと借入できそうな金融機関を見つけることが、上手にお金を借りる方法です。

    例えば、「車やバイクの購入」でお金を借りたいと考えている場合、クレジットカードのキャッシングサービスを使うより、「マイカーローン」を使って借入する方がメリットがあります。

    理由としては次の2つ。

    • 「マイカーローン」は低金利のため利息負担を少なくできる
    • 高額品のため、融資限度額が高いローンが必要となる

    「マイカーローン」の借入金利は一般的に年2%前後です。一方、クレジットカードの「キャッシング枠」の借入金利は15%~18%です。金利が低い方が利息支払額が小さいので、車やバイクを購入するなら、「マイカーローン」を利用するのが適切な選択です。

    ただし「マイカーローン」の融資金は、車やバイクの購入資金に限定されています。対してクレジットカードの「キャッシング枠」は「資金使途自由」です。

    また、車やバイクの購入は高額となるため、マイカーローンの借入限度額は大きくなっています。一方、クレジットカードの「キャッシング枠」は生活資金や旅行代金など、1回に数万円~数十万円程度の借入金額を想定しているため、借入金額枠は小さくなっています。

    カードローンで借入する場合、「すぐ借りれる」「無担保・無保証で借りれる」など利点も多いですが、お金を借りる選択肢は多くあり、それら利点を理解し自分に合う方法を選ぶことが「上手にお金を借りるポイント」です。

    このようにお金を借りる目的によって、ローンサービスの内容や利点も違ってきまので、目的に合ったローンを見つけることが重要です。

    夢ではなく個人でもすぐにお金を借りる方法がある

    ページのタイトルになっている「今すぐお金を借りる方法」としておすすめなのが「即日融資が可能な個人向けカードローン」です。

     

    即日融資
    消費者金融
    プロミス三井住友カード
    カードローン
    アイフルレイクALSAJCBカード
    ローンFAITH
    アコムSMBCモビット
    プロミスカードローン(消費者金融系)のロゴマーク三井住友カード(信販系)のロゴマークアイフル(消費者金融系)のロゴマークレイクALSA(レイクアルサ)(消費者金融系)のロゴマークJCBカードローンFAITH(フェイス)(信販系)のロゴマークAcom(消費者金融系)のロゴマークSMBCモビット(消費者金融系)のロゴマーク
    審査時間最短30分最短5分*WEBから最短25分WEBで最短15秒最短申し込み当日最短30分最短30分
    融資時間最短30分最短5分*WEBから最短25分WEBで最短60分WEBで最短即日最短30分最短30分
    無利息期間最大30日最大3ヵ月*最大30日最大180日最大2.5ヵ月
    キャッシュバック
    最大30日なし
    公式サイト詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細

    「自分がお金を借りることができるなんて夢のようなこと?」ではありません。なぜなら、人気のあるカードローンは「無担保・無保証人」で借入ができるからです。

    また、契約をしてカードさえ作っておけば今日でも明日でもすぐにお金を借りることができます。

    カードローンについては、●「カードローンなら初めてでも最短でお金を借りることができる」で詳しく解説しています。

    急ぎの時でもカードなしですぐにお金を借りることが可能

    カードなしでもATM振込やスマホアプリで借りられる

    すぐお金を借りたい場合、その日のうちに契約が完了してもまだカードがありません。しかし、カードが届いてないとその日に借入できないわけではありません。

    最近では、カードなしで借入することも可能。例えばスマホアプリを使ってコンビニATMから借りたり、金融機関口座に振込してもらって借りることもできます。土・日・祝日も問いません。

    ※とにかく今すぐお金を借りる手順を知りたいという方は、●「今すぐお金を借りるならその日でも契約可能な貸金業者がおすすめ」の解説をご覧ください。

    カードローンはまさに個人がお金を借りたいときに、最短即日で借りることができるメリットの大きい方法です。

    カードローンなら初めてでもすぐお金を借りることができる

    初めてでも安心してお金を借りることができるカードローンの解説

    お金を借りるにはたくさんの方法がありますが、初めてでもお金を借りる最良の方法としておすすめできるのが「個人向け無担保カードローン」です。

    2022年4月時点で、アコムやアイフルの消費者金融で借入している人は約1千万人以上の利用があります。出典:JICC(日本信用情報機構)統計データ 日本貸金業協会

    このページを読んでいただければ、誰かに頼ることなく自分一人でカードローンでお金を借りることができます。

    カードローンとは?

    早くお金を借りたいときカードローンは便利

    主に銀行と貸金業の消費者金融が扱う融資サービスです。カードを使って、現金が必要な時にいつでも手軽に借入ができるシステムです。

    「キャッシング」ともいいます。

    参考 ●「カードローンとは」をわかりやすく解説。質問に多い金利・返済・ローン審査の仕組みについて

    大きくは貸金業系(消費者金融)と銀行系の2つにわかれます。

    個人向けの無担保・無保証のサービス

    カードローンは1980年代に始まったといわれていますが、当時は「有担保・有保証人」でしか融資を受けられないという条件が一般的でした。

    しかし、2022年現在では「無担保・無保証で借入できるサービス」となっています。

    したがって、次のような借入リスクはすべて解消されています。

    • 不動産などの担保を入れる必要性
    • 保証人になってくれる人を見つける
    • 万が一の時、「マイホームが競売にかけられてしまう」「保証人に迷惑をかけてしまう」

     

    担保を付けて融資を受ける場合

    「担保を付けてお金を借りること」がすべてデメリットではありません。

    例えば「不動産担保ローン」は、所持している不動産を担保にして融資を受けるわけですが、担保資産が大きいほど、大きい融資金額を受けられる可能性が高くるなります。

    したがって、事業性の借入として高額な融資を希望したいなら、担保付でお金を借りる方法も利用されます。

    また、担保を付けることで、無担保より金利を抑えられるメリットもあります。

    例えば「住宅ローン」なら、購入する家を担保にすることで、金利を抑えてマイホーム購入の借入が可能となり、担保を有効に活用できます。

    ただし担保が付くことによって、必要書類が増えたり、手続きが複雑になるので、カードローンのように「スピードのある即日借入」はできません。

    参考 ●不動産担保ローンを実施している会社一覧

    利用するメリット

    個人の方が最短でお金を借りるなら、手間が少なく簡単に借入できる「即日融資が可能な個人向け無担保」がおすすめです。

    「お金借りたいシーン」としては、給料日前でお金がない時、クレジットカードが使えないときに役立ちます。

    • 光熱費の支払いで即日お金が必要
    • デート代の支払いですぐお金が必要
    • 会社仲間・友人との飲み会でお金が必要
    • 交通機関の支払い
    • 旅行先での買い物での支払い
    • 現金値引きがあるお店で即日お金が必要
    • レジャー施設や文化施設などの入場料でお金が必要

    上記のような即日で現金が必要な時に大変便利。編集部の社員の一人は、1年前に5万円の中古バイクの購入したいときに、カードローンを使って借入ができ助かったようです。

    さらに、メリットとして次の点があげられます。

    • 急な出費や生活費など目的にとらわれずすぐにお金を借りることができる
    • 金融機関の人と会って会話をしたくない→スマホ・PCから申し込みが完結できプレッシャーが少ない
    • 保証人や担保なしで借入できる→他人に迷惑がかからない
    • 契約後すぐにお金を借りたい方も街のコンビニATMや振込融資で即日にお金が借りれる
    • 返済したい時にいつでも返済ができる→金利負担を軽減
    • 相対的に毎月の返済額は低いので長く借りたい時でも使える

    上記のようなメリットが生まれる理由は、次のような独自の最新システムがあるからです。

    WEB申し込みができる申し込み書の記入から必要な提出書類まですべてインターネット経由でおこなえる。
    審査の時間が短い申し込み後におこなわれる借入審査時間は最短5分~1時間程度。したがって、契約までの時間も最短25分~とかなり短い時間で完結できる。(即日融資は大手消費者金融系に限る)
    カードが発行前でも即日融資が可能契約後、カードが手元に届く前でも口座振込による「即日融資」ができ、申し込み当日に借入することが可能。

    このように、キャッシングサービスではクレジットカードよりカードローンの方が利点が多いといえます。

    最近では、JCBからも低金利のキャッシング専用のカードローンが登場しています。※即日融資も可能。

    お金を借りれる金額は最大いくらまで?

    無担保カードローンは少額の「1万円」から、上限は500万円やそれ以上の金額まで限度額の設定が用意されています。

    ただし、利用者によって借りれる金額は変わります。契約時に年収や他社の借入状況を審査で確認し貸付上限額が決定されるので、その金額までは借りることが可能です。

    返済をきっちりとおこなっていると、貸付上限額を増額できる案内がメールで届く場合もあります。人気があり安心な会社は?の質問に回答します

    「カードローンを利用してお金借りる」ための正しい手順と必要な知識

    「カードローンでお金借りる」手順や知識について重要なポイントは次のとおりです。

    1. 借りたい理由によって、正しいカードローン会社を選ぶ
    2. 利用条件を確認する
    3. 申し込み方法を理解する
    4. ローン審査について理解しておく
    5. 「本人確認書類」を用意する
    6. 申し込みをする
    7. 契約を完了する
    8. 借入後の返済について理解しておく

    少なくともこの手順や知識が必要です。さらに、次の利用条件があります。

    ●20歳以上(一部の会社は18歳以上)で定期的に安定した収入がある方

    この条件であれば、基本的に誰でも大丈夫です。※ただし、利用条件は会社によって多少の違いがあるので、必ず事前に確認すること。

    また、すぐにお金を借りたいなら、

    • スマートフォン(スマホ)かパソコンを使って最短で申込をして審査を受ける
    • 口座振込を使って銀行等のATMから、もしくはコンビニATMを使って現金を引き出す

    この2つの手順を使えば、即日で借入することができます。(このあとに詳しく解説します。)

    ただし、カードローンで100%お金を借りれるとは限りません。借入審査があり通過する必要があります。※お金がかりれる無審査の機関についてはこちら

    またお金を借りるときはローン審査がありますが、審査に不安があったりする場合は、その理由に合わせてお金を借りる方法を探すことができます。

    参考 ●「カードローンの審査」で主にチェックされる重要な項目はこの4つ

    法改正で20歳以下でもローンが組める

    2022年4月から成人の年齢が20歳から18歳になります。したがって、18歳から借入の契約は法的に可能になります。また、クレジットカードの契約は親の同意がなくても作れます。

    2022年3月までのカードローンの利用条件は、基本的に「20歳以上」で「年収」がないとローン借入審査にとおりません。しかし、2022年4月から消費者金融のアコムとプロミスは、18歳以上から申し込みを受け付けしていいます。

    ※ただし、19歳以下の人は収入証明書の提出が必須。

    それにともない、アコムなどの貸金業では、学生の方が金融について勉強できる支援をおこない、お金のトラブルをなくすことを社会貢献としておこなっています。

    一方、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」、三井住友銀行カードローンなどの銀行については、18歳、19歳の利用を見送ることとしています。また、住宅ローンは「使途が明確」であるため18歳でも認めることを検討しています。

    ではこのあとに、カードローンで最短でお金を借りるための方法についてわかりやすく解説します。※最初にお金を借りる時に共通した一般的な知識を確認しておきましょう。

    参考 ・カードローンの申し込み手順や方法について

    ※先に今すぐお金を借りることができるカードローンを知りたい方は、次の目次の●「今すぐお金を借りるならその日でも契約可能な貸金業者がおすすめ」の解説を急いでご覧ください。

    今すぐお金を借りるなら最短即日契約で融資利用可能な貸金業者がおすすめ

    ただちにお金を借りるなら同日契約可能なこの貸金業者がおすすめ

    今すぐお金を借りたいと考えている方にとって大事なことは、申し込みをしたその日に契約ができ、さらに最短時間で借入できる会社を選ぶことです。※「即日融資」とも呼ばれています。

    消費者金融は、申し込みのしやすさと、AIスコアリングを使って審査を最速でおこなうことで、お金を借りたいユーザーに素早くサービスを提供しています。

    「カードローンで即日融資を優先する」なら「できるだけ低金利」とか「できれば銀行で」とかの要望をいっている暇はありません。

    さらに、審査に通らなければ、融資を受けることはできず即日融資もできません。

    借入審査と即日借入と両方を考えた場合、選ぶべき会社は銀行ではなく、貸金業である消費者金融です。

    したがって、最初は消費者金融系の会社を選ぶようにして、早く借入ができる会社を優先して探し、返せる状況になったらすぐに返済をするように心がけます。

     

    即日融資
    消費者金融
    プロミス三井住友カード
    カードローン
    アイフルレイクALSAJCBカード
    ローンFAITH
    アコムSMBCモビット
    プロミスカードローン(消費者金融系)のロゴマーク三井住友カード(信販系)のロゴマークアイフル(消費者金融系)のロゴマークレイクALSA(レイクアルサ)(消費者金融系)のロゴマークJCBカードローンFAITH(フェイス)(信販系)のロゴマークAcom(消費者金融系)のロゴマークSMBCモビット(消費者金融系)のロゴマーク
    審査時間最短30分最短5分*WEBから最短25分WEBで最短15秒最短申し込み当日最短30分最短30分
    融資時間最短30分最短5分*WEBから最短25分WEBで最短60分WEBで最短即日最短30分最短30分
    無利息期間最大30日最大3ヵ月*最大30日最大180日最大2.5ヵ月
    キャッシュバック
    最大30日なし
    公式サイト詳細詳細詳細詳細詳細詳細詳細

    審査通過率の高さと即日融資ができる要件を満たすおすすめの会社は以下のとおりです。

    この6社の大手貸金業者が、お金を借りやすい理由となる点は次のとおりです。

    • 大手は安心感があり、違法な金利設定などがない
    • 少額でもまとまった金額の借入でも無担保無保証で利用できる
    • 来店不要でWEB申込が全国どこからでもできる
    • 土日祝日でもお金を借りることができる
    • ローン審査の時間がとても早く終わる
    • 契約がWEB上で完結する
    • カード発行前でも口座振込やスマートフォンアプリですぐにお金を借りることができる

    カードローンの利用には審査がありますが、大手消費者金融は「審査通過率が高く審査に通りやすいほう」なので、お金を借りる条件としてぴったりです。

    さらに各会社の特徴の解説があるページはこちらの2つです。↓

    体験談を参考にすると、10万円を借りたい方が上手に申し込みをすれば最短1時間程度で即日借りることができています。ちなみに銀行系のカードローンは最短で翌日融資なので、即日借入をしたい場合は消費者金融を利用しましょう。

    銀行ローンは最短即日融資ができない理由

    ちなみに、現在銀行で即日融資ができない理由について説明しておくと、過去に過剰な融資がおこなわれ多重債務問題になったためです。そのため、金融庁から厳しく監視されています。

    参考 ・銀行カードローンの実態調査結果について|金融庁

    さらに、銀行間での融資競争が激化したため、不十分な説明で過剰な融資がおこなわれ、国会でも問題になった例もあります。

    参考 ・衆議院|金融庁監督当局の金融検査(過剰融資)に関する質問主意書

    これらの問題を引き起こした一番の原因として「銀行の審査能力が低かった」点があげられます。銀行が持っている個人金融データ情報が不足しており、結果年収に対して行き過ぎた貸付がおこなわれました。※現在では指定情報機関と連携して情報を共有しているので、精度が上がっています。

    その点、資金業である消費者金融は最新のデータ収集力と総量規制により、貸し過ぎないよう細心の注意を払っています。そのため、最短即日融資可能であっても問題が起こりにくいと金融庁から判断されています。

    参考 ・お借入れは年収の3分の1まで(総量規制について)

    「今すぐお金を借りる」のに共通する2つのポイント

    すぐにでもカードローンでお金を借りたいときに共通しているコツは次の点です。これを知っておけば、より早く現金を借りることができます。

    即日で借入したいなら本人確認書類を素早く準備する

    「本人確認書類」の提出は必須です。したがって前もって準備しておくのがポイントです。提出方法は「スマートフォンのカメラで撮影してWEB送信」が一番多く利用されています。この方法ならリアルタイムでカードローン会社に届くので、審査が最短で進みます。書類の種類については、●申し込み方法「準備するもの」をご覧ください。

    審査の方法についてしっかり理解しておけば、必ずかりられると断言はできませんが、お金かりれる可能性は十分にあります。

    WEB申し込みなら記入項目を確認しておく

    WEB申込であっても、必要事項の記入は必須です。記入項目の中には、調べないと書けない事項もあって意外と時間がかかります。したがって、この内容も事前に把握しておくことが重要です。

    一般的なカードローンの申し込み時の記入項目は次のような内容です。

    例 、「レイクALSA(レイクアルサ)のWEB完結申し込み」のときの申請内容

    • 氏名
    • 性別
    • 独身か既婚
    • 生年月日
    • 携帯電話番号
    • 自宅固定電話の有無
    • 住所
    • 居住形態
    • 居住年月
    • 家賃/住宅ローン
    • 同居人数(本人を除く)
    • 利用したい希望額
    • メールアドレス
    • 勤め状況
    • 勤め先名
    • 業種・職種
    • 勤め先電話番号
    • 従業員数
    • 保険証種類
    • 勤続年月
    • 給料日
    • 月収(手取り額)
    • 税込み年収(ご本人さまのみ)
    • 他社でのお借入れ総額
    • 運転免許証交付の有無
    • 規約および同意の確認

    これらの項目を事前にメモ等で作っておけば、素早く記入をすることができますので役立ちます。

    当日に借りるなら申し込みの時間帯に気をつける

    即日借入が可能な消費者金融でも、申し込みの時間帯によっては翌日以降の融資となる場合があります。例えば、レイクALSA(レイクアルサ)では、申し込み当日の融資の場合の時間帯は次のように決まっています。

    〇21時(日曜日は18時)までのご契約手続き完了(借入審査・必要書類の確認含む)で、当日中に振込みが可能です。

    今すぐお金を借りるためには、少なくともこの3つについては、事前に理解しておくことをおすすめします。

    ではここから即日融資ができる会社の特徴と申し込み方法を解説していきます。

    アイフルなら、原則職場の在籍を確認する電話がないため、ローン時間が短縮される

    アイフルカードローンの無人自動契約機

    借入可能までの最短時間 25分

    アイフルは融資までの時間が最短25分です。同じように最短即日融資ができるアコムや三井住友カードカードローンと比較しても、短時間で今すぐお金を借りれます。

    アイフルカードローンはローン審査から即日融資まで最短25分で完了

    引用元:アイフル公式サイト(https://www.aiful.co.jp/)

    その大きな理由としては、アイフルの借入審査では原則として職場の確認の電話がないためです。提出された書類と、JICC等の信用情報を基本として借入審査がおこなわれます。

    即日融資に間に合うためには、午後9時までに審査が完了できるように申込をしてください。

    アイフル利用者の口コミ

    28歳 男性

    アイフルを使ってみた感想・口コミ。スマホ管理画面
    ※実際に使っているアイフルのスマホ管理画面

    実際に使ってみて一番のおすすめポイントは「カードレス」ができること。カードを持っていると、家族にバレやすいですが、カードがないので安心。借り入れするときも、スマホを使えば、周囲の目も気にせず使えます。

    融資最短25分でおすすめ
    「アイフル」の申し込み手順はこちら

    三井住友カードカードローンなら低い金利でその日の最短5分※1で口座振込で即日融資が利用できる

    即日融資で借りるなら三井住友カードカードローンで契約

    引用元:三井住友カードカードローン(https://www.smbc-card.com/nyukai/loan/index.jsp)

    借入可能までの最短時間 申し込み当日最短5分※1

    ※1 最短5分発行は、新規契約時点での融資限度枠が50万円でのお申込みとなります。最短5分で借入する際の会員番号発行受付時間:9:00〜19:30

    三井住友カードカードローンで借りるおすすめポイントをご紹介します。

    新しく登場した三井住友カードカードローンは、(株)三井住友フィナンシャルグループの融資サービスです。

    クレジットカードでは実現できなかった最短で即日融資が可能です。メリットは次の2つです。

    ・「クレジットカードのキャッシング」より低金利でお金を借りることができる
    ・申し込みをしたその日に審査結果がわかり、振込融資ができる
    ※ただし、審査状況によって即日融資ができない場合があります。

    すぐに借りれるおすすめの大手貸金業者の中では、かなり低金利の条件になっています。クレジットカードのキャッシングでは、申し込みをしたその日のうちに借入する即日融資はできませんでしたが、カードローンでは可能となっています。

    2022年5月まで無利息キャンペーンを実施中

    下記期間中に三井住友カードカードローンに申し込みをおこない、入会後に借入をすれば、最大3ヵ月間の利息が0円になります。

    【申込期間】2021年9月1日(水)~2022年5月31日(火)
    【入会期間】2021年9月1日(水)~2022年6月30日(木)

    即日融資での借入も対象となります。

    ※詳細はリンク先の公式ページをご確認ください。↓

    「三井住友カードカードローン」
    はこちら

    プロミスなら、カードレスでお金を借りることができる

    プロミスカードローンでお金を借りたい解説

    借入可能までの最短時間 30分

    プロミスではスマホ(スマートフォン)を使って最短即日融資が可能です。借入や返済時にカードを持つ必要がないため、普段の所持品を減らすことができます。

    セブン銀行とローソン銀行の2つのATMを利用できるので、利用範囲も広く、24時間すぐにお金を借りることができます。

    女性専用のオペレーターが対応する「レディースキャッシング」

    プロミスでは、女性が安心して申し込みができる女性専用ダイヤルがあります。今すぐ借りたいならWEB申込がおすすめですが、相談したいことがあれば、女性オペレーターと話しができます。

    「プロミス」キャッシングサービスの
    申し込みはこちらから

    レイクALSA(レイクアルサ)なら簡易審査で結果が最短15秒でわかる

    借入可能までの最短時間 60分

    レイクALSA(レイクアルサ)で借りるおすすめポイントをご紹介します。

    WEB申込が完了した直後に、簡易審査が始まります。「AIスコアリングシステム」によって審査がおこなわれるため、そのままの画面上に審査結果が最短15秒で表示されます。なので最短即日で借りれる可能性は高いです。

    「審査結果待ちのストレスがない」こともうれしいポイントです。ただし即日融資までの時間が最短60分のため、同じ最短即日融資ができるアイフルやプロミスより契約から融資までの時間が長くなっています。

    契約が完了すれば、カード発行前でも口座振込で融資ができます。また、スマートフォンを使ったアプリを利用して、すぐに借入することも可能です。

    さらにレイクALSA(レイクアルサ)は今すぐにお金を借りることができるうえ、「初めて契約される方」は、次の日から30日間~180日間は無利息で借入が可能です。

    • 5万円までの借入は180日間無利息サービスが続く
    • 5万円以上の借入は60日間無利息期間がある

    レイクALSA(レイクアルサ)で初めてお金を借りる場合5万円まで180日間無利子・無利息0円

    レイクALSA(レイクアルサ)の貸付条件

    商号新生フィナンシャル(株)
    利用対象年齢が満20歳以上70歳以下の国内に居住する方,ご自分のメールアドレスをお持ちの方,日本の永住権を取得されている方
    極度額1万円~500万円
    貸付利率(実質年率)4.5%~18.0%
    遅延損害金(年率)20.0%
    返済期間・回数最長5年・最大60回
    担保・保証人不要

    「レイクALSA(レイクアルサ)カードローン」
    WEBからの申し込みはこちら

    「SMBCモビット」ですぐにお金を借りるならコールセンターまで電話をする

    借入可能までの最短時間 60分

    SMBCモビットは最短即日融資が可能です。しかし、融資までの時間が明確に書かれていません。電話で最短どのくらいで即日融資ができるのか?を確認したところ、最短で60分で融資ができるようです。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    より確実に即日融資をしたい方は、WEB申し込み後コールセンターへ電話をすればすぐに審査を開始してくれます。

    コールセンター 0120-03-5000

    審査時間は最短30分です。受付が完了すれば、そこから最短3分でお金を借りることができます。※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

    「SMBCモビット」
    WEBからの申し込みはこちら

    「Tカードプラス」はクレジットカードも利用できるので、Tポイントが貯まる

    「Tカードプラス」とは、SMBCモビットカードローンの契約後にクレジットカードの機能をプラスできるサービスです。※モビットカード審査通過後に三井住友カードの審査があります

    「お金を借りる」「クレジットで支払う(Mastercard)」の2つが1枚のカードでおこなえます。

    さらに、カードを利用することでTポイントが貯まります。

    • カードローンの借入金を返済すると200円ごとに1Tポイント
    • クレジットカードの利用で、200円ごとに1Tポイント

    ただし、契約からカード発行までに時間がかかるため、即日融資を利用することはできません。

    アコムならアルバイトや派遣社員でも借りやすい

    借入可能までの最短時間 30分

    アコムは審査時間が短縮されたため、即日融資までの時間が最短30分と早くなりました。

    契約社員や派遣社員の方でもアコムでお金を借りることができます。利用条件は次のようになっています。

    • 18歳以上69歳以下の安定した収入と返済能力がある方(アルバイト学生や主婦を含む。ただし高校生は不可)
    • アコムの基準を満たす方

    大学生の方は「アルバイト収入の方が多く年収が低い」という理由で、カードローン選び方に不安を感じるかもしれません。

    しかし、アコムはアルバイト収入が継続的にあれば、「社会人と同じくらいの確率で審査に通過する」可能性があります。

    無職でなければ、年収が低いアルバイトの方でも安心して申し込みができます。もちろん、学生であっても即日融資ができます。アコムの利用者の年収は次のようになっています。

    アコムカードローンの年収別利用者の割合の円グラフ

    引用元:アコム 2018年3月期第3四半期「データブック」(https://www.acom.co.jp/corp/ir/library/databook/)

    4人に1人が年収200万円以下となっています。

    「すぐ借入したいけど年収が低いので審査が心配」という方ならアコムがおすすめです。

    「借りやすさ」でおすすめ
    「アコム」の申し込みはこちら

    ベルーナノーティスなら80歳まで借りられる

    借入可能までの最短時間 24時間以内

    ベルーナノーティスでも即日融資は可能です。ただし融資まで最短24時間以内となっているので、審査に時間がかかった場合、翌日融資になる可能性があります。

    ベルーナノーティスは、お金を借りれる年齢上限が80歳までとなっています。他の貸金業者と比較して最大の年齢条件となっています。

    年代別利用者の割合は次のとおりです。

    年代ローン利用の割合
    20歳~29歳2.0%
    30歳~39歳4.2%
    40歳~49歳9.3%
    50歳~59歳15.9%
    60歳~69歳27.2%
    70歳~41.4%

    引用元:ベルーナノーティスご利用者の年代別割合※2021年3月末時点

    70歳以上の方が約4割と一番大きな割合になtっています。高齢者の方でも借入しやすいのでおすすめです。

    キャネット(canet)は70歳以上の年金暮らしの方でも融資可能の診断がもらえる

    借入可能までの最短時間 当日(15時の申し込みまで)

    キャネット(canet)は、最短即日融資が可能ですが、当日15時までに申込をする必要があります。

    キャネット(canet)は、「年金受給者の方」でも審査によってお金を借りることができます。公式サイトの「審査シミュレーション」を使って調べることができます。

    キャネット(canet)公式サイトの審査シミュレーションを使った診断結果

    引用元:キャネット(公式サイト)

    ただし、上限金利は年20.0%と他の貸金業者より高くなっているので注意が必要です。

    キャッシュレス決済会社から即日チャージでお金を借りる方法

    キャッシュレスアプリを利用している方は、チャージでお金を借りるのがおすすめです。利点は、IDが連携できるので申し込みがカンタンな点です。原則本人確認書類提出不要です。

    また、借りたお金がそのまま電子マネーにチャージされるので、現金を扱いたくない人にもストレスがありません。

    キャッシュレス決済会社LINEポケットマネーPayPayメルペイスマートマネーau PAYスマートローン
    金利(年率)1.59~18.0%3.0~18.0%2.9〜18.0%3.0~15.0%
    借入限度額1~50万円1~300万円1~100万円1,000~20万円
    審査時間最短60分最短即日最短30分最短1〜2日
    融資時間最短翌日最短即日最短即日最短即日
    チャージ先PayPay残高LINE Pay残高au PAY 残高メルペイ残高

    すでに公的機関である市役所窓口では、証明等手数料の支払いなどでキャッシュレスが利用できます。

    岡山県総社市市役所窓口で使えるキャッシュレスの種類
    ※岡山県総社市|証明等手数料の支払いに利用できるキャッシュレスの種類

    引用元:岡山県総社市|市役所窓口のキャッシュレス化について

    今後キャッシュレス化はどんどん進みますので、登録しておくと普段の生活にも便利です。

    安心・安全にお金を借りられる会社の選び方

    信頼できるおすすめの大注目カードローン会社の選び方について

    お金を借りるときは安心・安全な方法を使うべきです。

    安心・安全にお金を借りる方法として、行政からお金を貸すことが認められている銀行や、貸金業法を順守している貸金業から融資を受ける方法があります。

    例えば、カードローンは国が登録許可をしている金融機関が扱っています。融資をおこなうことができる金融機関は次のようなルールを遵守しています。

    • 国が決めている出資法利息制限法により、明確な金利相場のもと決定する
    • 口約束で契約を交わさない。必ず契約書を発行し利用者の同意のもと融資をおこなっている
    • 返済能力がどのくらいあるのか?をチェックする。必ず審査がおこなわれ、返済不履行にならないよう貸付上限が守られる
    • 返済の方法や毎月の返済額が決められ、明細書も発行できる
    • 不当な借金の取り立てをおこなわない。銀行法・貸金業法などの法律により違法な取り立ては厳しく監視されている

    したがって、安心・安全な方法を利用するためには、「国や都道府県に登録の届けを出している金融機関で、法律に基づいて融資をおこなっている会社」を利用することが最も適切であるといえます。

    また、融資する側も安全・安心な相手でなければお金を貸すことはありません。例えば、金融機関は次のような相手には安心・安全にお金を貸せないという判断を下す場合もあります。

    • 他社からすでに多くのお金を借りており新規借入をすると返済できない人
    • 現在の年収では借入金の返済と生活費の出費を維持できない人
    • 反社会的な組織とつながりのある人

    返済が滞ってしまいそうな人にお金を貸すということは、借りた当人が破産してしまう原因になりかねません。借りた側にとっても安全な融資とはいえません。

    「安全にお金借りる」ためには、返済能力の範囲内の金額で借入することが必須です。

    また、反社会的組織に関わる人も金融機関からの借金は拒否されます。

    個人間同士のお金の貸し借りは注意する

    「知人や親兄弟からお金を借りる」といった個人間同士の貸し借りでも「金銭消費貸借契約」という法律が適用されるので、利息制限法や出資法を理解して借用書を作成する必要があります。

    個人間でお金の貸し借りを行う際は契約書を用意し、書面を残すことが大切です。

    よく口約束でお金を貸す人がいますが、後にトラブルへ発展する可能性が高いので、しっかり証拠を残しましょう。また、お金を貸す際は現金ではなく、振込で履歴を残すことも有効です。

    引用元:お金を貸すときの注意点

    しかし、ときには借用書を作らず口頭のやり取りだけでお金を借りる・貸すことがあります。法律上のルールを順守できないことがあり、トラブルに発展することがありますので、注意が必要です。

    では「安心・安全」にお金を借りることができるカードローンに焦点をあて、具体的な金融機関名とその内容を解説します。

    安心して利用できるカードローンの種類はどのくらいあるの?

    一見カードローンの選び方は選択肢が少ないと感じる方もおられるかもしれませんが、編集部がよく調べてみると、借りたい理由によって選べることがわかりましたので解説していきます。

    カードローンでお金を借りるなら、まず「大手の安心できる会社」をおすすめします。

    「個人向け無担保カードローン」には「銀行と消費者金融」の2つの種類があります。

    そして、それぞれの会社独自の特徴やサービスもありますので、一番優先したい条件を見つけて選ぶのがベストです。

    次の理由によって会社を選ぶことができます。

    • すぐに借りたいなら・・・大手消費者金融でお金借りる・コンビニATMで借りる・アプリで借りる
    • 低金利で借りたいなら・・・信販系カードローンで借りる・銀行カードローンで借りる
    • 無利息サービスを利用して借りたいなら・・・大手消費者金融系でお金を借りる
    • 借入・返済時のコンビニATM手数料を無料で借りたいなら・・・バンクイックで借りる

    では順に詳しく解説します。まず選び方で大きくわけると次の2つになります。

    ・銀行系カードローン
    ・貸金業者系(消費者金融系・信販系カードローン)

    一番なじみのある金融機関といえば、「ゆうちょ」や「三菱UFJ」といった銀行でしょう。銀行では融資の他に預金や損害保険なども扱っています。

    銀行は各管轄財務局に登録をする必要があります。国から金融機関として認定されている会社であり安全・安心といえます。

    一方、クレジットカードや消費者金融サービスを提供している貸金業があります。貸金業社の場合も、銀行と同じように財務局又は都道府県に登録をしなければいけません。

    したがって安心・安全な会社です。

    大手から小規模まで多くの貸金業社がありますが、大手で有名な会社は次のとおりです。

    • アコム
    • アイフル
    • プロミス
    • レイクALSA(レイクアルサ)
    • SMBCモビット
    • 三井住友カードカードローン

    金利とローン審査の比較

    銀行系のカードローン貸金業者のカードローン
    金利低い高い(一部の会社を除く)
    審査時間遅い早い

    銀行系のカードローンは金利が低い特徴があります。審査はハードルが高くなり時間がかかります。

    一方、消費者金融系のカードローンは金利が高い特徴があります。審査は比較的ハードルが低く時間が短くなっています。(最短30分~で結果がわかる)したがって、申し込んだその日のうちに借入が可能です。

    すぐに借りたい人は大手消費者金融(貸金業)で借りる

    できれば申し込み後、即日融資で借りたい場合、大手消費者金融を選ぶ必要があります。消費者金融系カードローンの中には「最短即日融資」ですぐにお金を借りれる会社があります。※銀行系カードローンでは即日融資ができません。

    「消費者金融」とは融資サービスをおこなっている「貸金業」の総称です。適用される法律では「銀行カードローン」とは違う扱いになります。

    無担保・無保証なので、申し込み時に煩雑な手間はかからず、また審査時間も短く、カード発行前でもすぐにお金を借りることができます。

    今すぐ借りたいなら、その日のうちに契約ができ、しかも即日融資が可能なおすすめの大手貸金業者については、こちらで詳しく解説しています↓

    その日のうちにお金を借りることができる貸金業者の解説はこちら

     

    低金利で借りたい人は銀行系カードローンで借りる

    カードローンの金利・年率は各社で異なります。当然ですが、金利・年率が低いカードローンを選ぶ方が支払い利息が少なくなるメリットがあります。したがって、金利年率の数字を比較して選ぶことは重要な視点の一つです。

    銀行系カードローンは貸金業者と比較して「低金利で借りられる」メリットがあります。ただし、銀行によっては、申し込み可能な住まいの地域が限定されています。

    したがって、「全国どこからでも申し込み可能」となっている大手銀行系のカードローンがおすすめです。

    金利はどの会社も、融資限度額に応じて幅があります。比較する場合は、最初に適用されやすい「上限金利」に注目することがポイントです。

    ※初めて借り入れる場合、「100万円以内の融資限度額であれば、上限金利が適用される」ことがほとんどです。

    上限金利の相場としては、銀行系で年率14%台、大手消費者金融系で年率17%台~18.0%となっています。低金利でお金を借りることを優先するなら、銀行系カードローンがおすすめとなります。

    金利による支払い利息の違いによる比較と支払利息の計算方法についてはこちらの解説をご覧ください↓

    どんなローンでもお金を借りると金利に対して「利息支払い」が必要

    おすすめの会社としては以下のとおりです。

    • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
    • 楽天銀行スーパーローン
    • 三井住友銀行カードローン
    • みずほ銀行カードローン
    • 横浜銀行カードローン

     

    コンビニや銀行ATMのキャッシング手数料で借りる時の選び方

    さらにこの2社のおすすめできる特徴は、提携コンビニATMを無料で利用できることです。

    「キャッシングサービス」でカードローンを利用するとき、ATM手数料が無料であったり、提携ATMの店舗が多い会社を探す選び方もあります。

    ほとんどのカードローンは自社ATMだけでなく、コンビニや銀行の提携ATMでもキャッシングをすることができます。その場合、消費者金融の多くは、利用額に応じて110~220円の手数料がかかります。

    しかし、編集部が調べた結果、三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」と楽天銀行スーパーローンの2社については、次の主要コンビニのATM手数料は無料となっています。

    • セブン銀行
    • ローソン銀行
    • E-net(イーネット)

    では次の項目では、「カードローンの申し込み」について解説します。

    カードローンの申し込み手順や方法について

    カードローンの申し込み手続ややり方についての解説

    「カードローンでお金を借りたい」なら、まず申し込みをおこないましょう。

    利用条件を確認する

    カードローンを利用するには一定の条件があり、利用条件をクリアする必要があります。申し込みをする前に、「あなたが利用条件を満たしているか」を確認しましょう。主な利用条件は次のとおりです。

    • 満20歳以上(アコム・プロミスは18歳以上)である(年齢上限もあります。各会社で違いがありますが、一般的に60歳~70歳まで。)
    • 継続して安定した収入がある人(派遣社員や契約社員を含む)

    カードローンでお金を借りることができない方

    残念ながらカードローンで借入できない条件の人もいます。

    利用できない方の条件は次のような内容です。

    1、「中学生・高校生」は申し込みはできません。また、「正社員・派遣社員・フリーター・大学生」の方でも未成年の方は申し込みができません。

    2、「無職で収入がない」「ニートで収入がない」「フリーターで継続して安定した収入がない」場合は基本的に申し込みができません。※専業主婦の場合「無職扱い」ですが、一部の銀行系カードローンでは、「配偶者の収入に基づいた配偶者貸付」という制度を使える場合があります。(楽天銀行スーパーローンは専業主婦でも申し込み可能)

    この2つに該当する場合は、申し込みをしても審査の前の段階で却下されます。

    また一部の会社では、収入があっても次の方は利用できない場合があります。

    • 学生の方は利用不可
    • アルバイト・パートの方は利用不可

    これらの条件は 会社によって多少異なります。最初に利用条件を確認しておきましょう。

    その他、カードローン会社によって「さらに細かい条件」が設定されている場合もあります。

    例えば、銀行やろうきんでは、「申し込み者の住所地・勤務先の都道府県が限定されている」場合や、「収入証明書の添付が必須」となっている場合もあります。申し込み時には「利用条件」を確認する必要があります。

    「年金」は継続した収入として認められるのか?

    カードローンの利用条件の場合、「年金」は安定した収入の扱いにはならない場合がほとんどです。

    例えば消費者金融のアコムの場合、公式サイトには次のような記載があります。

    年金以外に安定した収入と返済能力を有する方で、当社基準を満たす方であればご契約いただけます。
    引用元:アコムよくあるご質問

    裏を返せば「年金だけでは収入扱いにならない」ということになりますので、申し込みはできません。

    ただし、年金を受給していても定期的な収入があれば申し込みは可能です。例えば、アイフルでは年金通知書を収入証明書として提出することができます。

    準備するもの

    申し込みには「本人確認ができる書類」を提出します。申し込みの際に提出する書類の種類は以下のようになっています。

    本人確認書類 運転免許証・健康保険証・住民票・外国人登録書・パスポート※各カードローン会社によって多少違いがありますので事前に確認をしましょう。
    収入証明書※借入限度額(上限)を50万円以上で希望する場合のみ、収入を証明するために「収入がわかる書類」が必要です。

    50万円以下の借入を希望する場合は、収入証明書不要です。本人確認書類だけで申し込みができます。※一部のカードローン会社を除く

    参考 ・収入証明書がいらないカードローンで借入する方法!年収証明不要の消費者金融はどれ?

    申し込みをおこなう方法

    カードローンの申し込みには次のような方法があります。

    WEB申込(スマートフォン(スマホ)やパソコン・タブレットを使ってインターネットを利用する)
    電話・FAXを使う
    店舗窓口(無人契約機等)まで行く

    ・スマートフォン(スマホ)・PCを使う場合

    今現在では大手のカードローン会社なら「WEB・インターネット経由の申し込み」があります。この方法が申し込みで一番よく利用されています。

    スマートフォン・パソコンで申し込みができるので、ストレスが少ないです。※ここからは「WEB申込」の方法について解説します。

    スマートフォン(スマホ)またはパソコンやタブレットから、それぞれの公式サイトを開いて、申し込みページに必要事項を書いて送信するだけです。申し込み時間が短く簡単です。

    ※契約までのメールのやり取りができること。メールが使えない場合は、電話と併用してもよい。

    すぐにお金を借りる時はこの方法を必ず使いましょう。●「今すぐお金を借りるならその日でも契約可能な貸金業者」をご覧ください。

    ※インターネットを利用していいない方は「電話」または「紙の申込用紙に記入して「FAXか郵送」での申し込みが可能です。

    ・用紙がいらない

    WEB申込なら紙媒体、筆記具を使う必要はありません。本人確認書類もスマホ等でカメラ撮影をして、そのままWEB送信すればすぐにカードローン会社に届きます。紙にコピーをして郵送する手間もありません。

    ※「すぐにお金を借りたい」方は、申し込み当日・または翌日に融資を受けることができるカードローン会社に申し込みをおこなってください。詳しくはこちら

    インターネットで申し込むのが苦手・不安な方は次の方法が利用できます。

    ・電話を使う場合

    オペレーターとの会話により申し込み内容を口頭で伝えます。フリーダイヤルで通信料が無料の場合が多いので費用はかからない。ただし本人確認書類を郵送かFAXを使って送る必要があるので、契約までの日数がかかります。

    ・FAX・郵送を使う場合

    申し込み用紙に必要事項を記入して「FAXで送信」または「郵送」します。申し込み用紙を取り寄せる必要があるので、その分契約までに日数がかかります。郵送の場合は、カードローン会社に届くまでさらに日数がかかります。

    ※ただし一部ではFAX・郵送の申し込みができない場合があります。

    ・店舗窓口を使う場合

    各カードローン会社の無人契約機で申し込みをおこないます。無人契約機のタッチパネル画面を操作して必要事項を記入します。その際、本人確認書類を忘れずに持参します。

    無人契約機では申し込み後すぐに審査が始まります。そのため、契約からカード発行までその場でおこなうこともできます。

    ※店舗まで行く必要があるため、交通費などがかかる場合があります。また車で向かう場合は、近隣の駐車場を確認しておくのがベストです。郊外に設置されている無人契約機では、無料駐車場が完備されている場合もあります。

    無人契約機の設置数が多い会社は次のとおりです。

    無事申し込みが終われば、カードローン会社の方で審査がおこなわれます。審査内容について解説をしておきます。

    ローン審査について

    申し込みが完了すると、カードローン会社が審査をおこないます。

    審査基準は、大部分が法律によって定められていますが、すべて統一されているわけではなく、各社で独自の基準があります。そのため、審査の難易度や、審査にかかかる時間や日数は会社によって違いがあります。

    例えば、スピードを重視したアイフルなら、審査開始から融資までの時間は「最短25分」となっています。※アイフルは今すぐお金を借りたい方にとってかなりおすすめの会社です。

    また2022年から、「初めてのアコム」で人気のあるアコムも、「審査を含め融資までの時間が最短30分」と時間が短縮され、今すぐお金を借りたい人に最適です。

    一方、銀行系カードローンでは「審査から融資まで最短翌日」の早い会社もあります。しかし融資開始まで3日間~1週間かかってしまう会社もあり対応にばらつきがあります。

    基本的に銀行カードローンは、審査基準の調査項目が多くなっており、結果が出るまでに時間がかかります。

    このように、審査時間は「30分~1時間程度」の場合と「翌日または数日かかる」場合とがあります。

    審査の詳しく解説は●「カードローンの審査」で主にチェックされる重要な項目はこの4つ」をご覧ください。

    ローン契約について

    審査に通過すれば、カードローン会社から契約書が送られてきます。

    WEB申込ができる会社なら、契約書もメールですぐに送られてきます。紙を使わず郵送もされずに完了できます。したがって、最短で契約が完了し、その後はすぐに借り入れが可能となります。

    「契約だけ」「作るだけ」でも大丈夫?

    「お金を借りたいのはまだ先の予定だけど、カードローン契約だけしておきたい」場合でも大丈夫です。契約をしてすぐ借入する必要はありません。

    申し込み当日でも即日融資ができる会社

    お金を借りる場合、「すぐに借入したい」「今日中にお金を借りたい」という事情の方もおられるでしょう。その場合は、「即日融資ができる会社」を選ぶことができます。

    ローンには多くの種類がありますが、申し込み当日に借入ができるのはカードローンだけといっても過言ではないでしょう。

    「今すぐお金を借りるならその日でも契約可能な貸金業者がおすすめ」の解説を急いでご覧ください。

    推奨ランキングで各カードローン会社をチェック

    上記のカードローン会社には、他にもそれぞれの特徴や得意分野があります。

    借りたいシーンから希望のカードローン会社を選択しやすいように、項目ごとに比較して、推奨ランキング形式で解説しているページがありますので、こちらも参考にしてみてください。↓

    「カードローンの審査」で主にチェックされる重要な項目はこの4つ

    「カードローンの審査」で主として検討される重要事項4つについて

    カードローンでお金を借りるときは、申し込み者に対して必ず「審査」が実施されます。審査に通過して初めて契約ができます。

    今すぐお金を借りるためには、審査をスムーズに通過するために知っておくべきことがあります。ちょっとした手違いがあると、「即日融資」「翌日融資」ができなくなってしまう場合もあります。

    「審査がおこなわれない」というカードローン会社はありません。

    審査がおこなわれる理由とチェックする内容

    比較的簡単にお金を借りれるのがカードローンですが、審査では「返済を無理なくおこなうことができるか?」を重視しています。

    そのため、「利用者が限度を超えた借入をして生活費の負担増大にならないよう」配慮されています。

    審査でおこなわれるチェック内容は以下のとおりです。

  • 他社からの借入・・・「貸し過ぎ」を防止するため。複数のカードローン会社が貸し過ぎると利用者が「多重債務」に陥り、返済ができなくなってしまう可能性が高くなる。
  • 年収・・・融資が受けられる金額を確認するため。無理な返済による生活費への負担を回避するため。
  • 過去の延滞歴や債務整理歴・・・過去にお金を借りたときの返済の履歴。信用度が見られる。
  • 申し込み申請書の確認・・・住所・氏名などが間違ってないか、家族構成、勤務先の在籍確認の電話など。
  • 以上の4項目は融資の可否に大きく影響します。

    ローン会社は他社からの借入や延滞歴・債務整理歴を確認するため、CICやJICCなどの信用情報機関に照会をおこないます。申し込みのときに嘘を書いてもばれますので、ありのままを書くことが大事です。

    ※銀行は全国銀行個人信用情報センターにも加盟。

    参考

    JICCとは?

    株式会社シー・アイ・シー(CIC)指定信用情報機関

    また借入の履歴だけでなく、クレジットカードの取引履歴もチェックされます。

    保証会社の審査について

    カードローン会社によっては「保証会社」と提携している場合があります。「保証会社」とは、万が一利用者に返済不履行があった場合にカードローン会社の損失を保証する会社です。

    したがって、保証会社も審査をおこなっています。保証会社から保証を受けられる方が該当します。

    ローン審査で有利になる条件

    以下の項目で評価が高ければ、より有利な条件で借り入れることができます。

    • 勤続年数(長い方が評価が高い)
    • 勤務先(公務員・大手企業等なら信用度が高い)
    • 雇用形態(正社員の方が評価が高い)
    • 持ち家の有無(住宅ローンがあると、銀行では貸付限度額でマイナス要因になる場合がある)
    • 家族構成(家族人数が多少影響。多いと借入限度額が低くなる)

    ただし、これらの条件は有利か不利かの判定であり、不利であっても審査で否決されるとは限りません。例えば「職業がアルバイトや契約社員の方」「勤続年数が1年程度の方」であっても、その他の条件を満たしていれば審査に通過できる可能性はあります。

    以上の審査は基本的に自己申告に基づいておこなわれますが、虚偽の申告をすると否決されますので注意が必要です。

    過去の返済実績は信用度が上がる

    お金を借りるのが初めての人よりも、過去に遅滞なく返済した実績がある人は信用度が上がります。そのため、借り入れ限度額が高めに設定される場合があります。初めてお金を借りる人は返済実績がないので、低い借入枠になる場合が多くなります。

    借入総額は年収の3分1まで。それ以上のあると「審査通らない」

    個人向け無担保・無保証のカードローンの審査では「借り入れ額が年収の3分の1を超えない」ことが一つの目安になります。

    この基準は「総量規制」という国の法律に基づくものです。総量規制とは、「貸金業者は借入総額が年収の1/3を超える貸し付けをおこなうことができない」という制限です。

    銀行法には「総量規制」が適用されません。しかし、ほとんどの銀行においては自主規定として、総量規制と同じように「年収の3分の1以上の貸し付けはおこなわない」としています。

    申し込み時点ですでに年収の3分の1の借り入れがある方は、残念ながら「カードローンでお金借りる」ということはできません。

    そうなったとき、「審査甘い会社はどこ?」といったキーワードでWEB検索をされる方もおられるようです。

    しかし、審査は会社によって多少の違いはあるものの、国が定める基本的な審査基準があるので大きな違いはありません。したがって、借入したいと考えても可能性は低いのが現実です。

    その場合は、カードローン以外でお金を借りることができる方法を探してください。

    参考

    今ある借金をまとめて借り換えする方法
    お金を借りず支援を受ける方法

    勤務先への在籍確認の電話

    カードローンの審査では、申請のあった勤務先に在籍しているか?を確認します。その際、電話で確認するのが一般的です。

    最近では、在籍確認の電話をおこなわない会社もあります。電話対応が苦手な方は在籍確認の電話がないアイフルを参考にして下さい。↓

    審査なしで利用はできない

    どのカードローンも「審査なし」の会社はありません。すべての会社では申し込み時に審査がおこなわれます。

    もし無審査でお金借りれるという業者があれば、正規の貸金業者でない可能性が高いです。(闇金と呼ばれる違法な利息をとる者)絶対に借りてはいけません。

    また「審査甘い会社ってないのか?」という質問があったりしますが、カードローン会社は審査の内容は公表していません。したがってそれらを比較することはできません。

    ただし、「審査通過率が高い会社」としてあげられるのは、アコム・アイフル・プロミス・レイクALSA(レイクアルサ)といった消費者金融系の会社です。

    どんなローンもお金を借りると金利に対して「利息支払い」が必要

    借金には金利に対して「利息支払い」の義務がある

    お金を借りる方法はたくさんありますが、どんな借金においても共通するのが「金利が設定される」ことです。

    「金利」とは、金融機関からお金を借りる時に支払う手数料の利率です。

    クレジットカードでリボ払いや分割払いの際に付く手数料利率と同じ意味です。そして「借り入れ金額に対し利息の支払いが発生する」ということです。

    あらかじめ設定された「金利」と「借入金額」「借入日数」に基づいて利息額を計算します。

    ●利息額の計算式

    借入金額×金利×借入日数÷365日=利息額

    カードローンでお金を借りる場合、金利は年率で設定されています。

    金利(年率)による利息額の違い

    50万円を借りて、毎月15,000円を返済する場合、金利15%の場合と18%の場合とで総返済額を比較してみましょう。※プロミスの返済シミュレーションで計算。

    【金利年15%の場合】

    借入の30日後に支払う利息は、次の計算式により6,164円となる。

    50万円×15%×30/365=6,164円

    以降、返済日ごとの残高に金利と日数を掛けて計算していくと、44回(3年8ヵ月)で完済し、総返済額は650,823円となります。うち150,823円が支払い利息。

    【金利18%の場合】

    借入の30日後に支払う利息は、次の計算式により7,397円となる。

    50万円×18%×30/365=7,397円

    以降、返済日ごとの残高に金利と日数を掛けて計算していくと、47回(3年11ヵ月)で完済し、総返済額は698,327円となります。うち198,327円が利息。

    金利が3%違うと総返済額に47,504円の差が生じます。カードローンを選ぶときは、低金利に注目するのことも重要になります。

    返済は毎月1回が原則で、元金とともに利息を返済する仕組みになります。

    返済シミュレーションを利用すれば利息と返済回数と返済期間まで調べることができる

    カードローンでお金を借りるとき、最も具体的な数字で返済状況を確認する方法が「返済シミュレーション」です。実際の借り入れでは、分割して返済をおこなえます。

    その場合は、毎月の返済額や支払い利息の計算が複雑になります。「返済シミュレーション」では、自動計算機能を使って次の項目を確認できます。

    • 毎月の返済額の「元金と利息の内訳」
    • 返済回数
    • 毎月の残高
    • 総利息支払い金額

    例、10万円を金利18.0%で3ヵ月借りる場合(3回分割払い)の返済シミュレーション

    アコムの返済シミュレーションを使って返済回数(返済期間)・返済額・利息を算出します。

    回数返済金額内訳
    1(1ヵ月目)34,338円元金32,838円
    利息1,500円
    残高67,162円
    2(2か月目)34,338円元金33,331円
    利息1,007円
    残高33,831円
    3(3か月目)34,338円元金33,831円
    利息507円
    残高0円
    累計103,014円元金100,000円
    利息3,014円
    残高0円

    ※「残高」は元金の支払い額のみが減少します。

    3回の分割で返済する場合、支払い利息は上の表のようになります。

    毎月の返済金額を減らしたい場合

    毎月の最低返済額を調べておけば、返済額の負担を軽くすることができます。

    例えば、アコムの返済方式は「定率リボルビング」と呼ばれる返済方式です。

    アコムカードローンのお金の返し方「定率リボルビング」の内容

    ※対して「残高スライドリボルビング方式」という返済方式もある。

    上の画像はアコムの最低返済額を計算する方法を示しています。毎月の最低返済金額は一定の割合を乗じて計算されます。

    先ほどの10万円をアコムで借りた場合、毎月の最低返済額は以下のとおりです。

    100,000円×(借入金額の4.2%以上)=4,200円→アコムの場合百円単位は切り上げのため、5,000円となる。

    毎月5,000円まで返済額を下げることができます。ただし、返済回数が増えると支払い利息が増えます。

    この返済額で返済をしていった場合、返済回数と支払い利息を、返済シミュレーションで調べると以下のようになります。

    返済回数総支払い利息支払総額
    24回(24ヵ月)19,722円119,722円

    「3回分割」で「毎月34,338円」を返済した時の支払い利息は3,014円だったので、16,708円の差があります。

    このように、毎月の返済を「34,338円」から「5,000円」に下げると毎月の返済負担は軽減されますが、借り入れ残高が減らないと借り入れ日数が増え、支払い利息も増えることになります。

    返済シミュレーションを使えば、分割返済をする場合でも、支払い利息がはっきりとわかります。上手に利用して、毎月の返済額と支払い利息とのバランスを確認し、自分に合った上手な返済ができます。

    カードローンの返済は、「計画的におこなう」ことが重要です。

    返済シミュレーションは各カードローン会社の公式サイトで利用できるようになっています。特に数十万円のお金を分割で返済する場合は、借りる前に必ず返済シミュレーションをしておきましょう。

    限度額があがると金利が安くなる

    「金利が安い」ということは「支払い利息が少ない」ということと比例します。「カードローンで金利が安くなる条件」は次のとおりです。

    • 「貸付限度額が大きい契約」を結ぶ
    • 消費者金融系より銀行系のカードローンと契約する

    限度額とは融資できる借入金額の上限のことです。

    低金利のカードローン会社を見つけることと限度額を上げることで支払い利息の負担を軽減できます。

    担保付きローンを利用して金利を安くする方法

    ローンの種類によっては「担保付ローン」があります。

    • 不動産担保ローン 
    • 住宅ローン
    • 事業融資ローン
    • 商工ローン

    上記のようなローンは、担保を付けて融資を受ける方法です。

    不動産担保ローンの会社と貸し付け条件

    業者名最大貸付限度額金利
    晶光商事(株)~20億年5.5%~
    アサックス(ASAX)~10億年1.95%~
    三井住友トラスト・ローン&ファイナンス(株)~1億年2.99%~
    (株)ベルシステム~2億年5.0%~
    湊屋商事(株)~5,000万年10%~

    担保を付ければ、仮に債務者が破産や会社倒産をしても、返済の代わりとして回収できる条件が付いているので、金融機関は融資をおこなう際のリスクが低くなります。

    その分、金利を安くできる条件にできるといった仕組みです。

    逆にお金借りる側は、返済ができなくなった場合、家を強制的に売却したり、保証人に迷惑をかけるといったようなリスクが大きくなります。このように、「リスクの大きさ」によっても金利は変わってきます。

    カードローンの利息負担を減らす上手な返し方を知っておきましょう

    支払い利息をできるだけ抑えるための「上手な返済のコツ」を解説します。

    返済期日前でもOK!早めに返済する

    カードローン会社では毎月の返済期日と最低返済額が決まっています。

    この返済期日に最低返済額を返済をすればそれでいいのですが、「返済期日の5日前に返済」すると「返済金額に対しての5日分の支払い利息が軽減される」ことになります。

    ほとんどのカードローン会社では「任意返済が可能」なので、返済期日前に返済ができる時は、1日でも早く返済する方がお得な返し方といえます。

    余裕があれば最低返済金額以上で多めに返済する

    カードローンの毎月の最低返済額と返済期日は各カードローン会社ごとに決まっていますが、「決められた返済額以上の返済」も可能です。

    しかも、「期日関係なくいつでも返済は可能」です。

    資金に余裕があるときは積極的に返済することで、利息負担を軽減できるので、とても賢い返済方法です。

    このようにできるだけ「こまめに返済」するのが、利息負担を軽減する上手な返し方のコツです。

    これらの返済方法は、返し方として非常に重要な項目です。「返済額が減らない」「利息が減らない」と感じる方は、まずこの方法を試してください。

    利用手数料を0円にする

    借り入れや返済をする際に、利用手数料がかかる場合があります。できるだけ利用手数料がかからない方法を使って利用することがポイントです。

    詳しくはこちらの解説をご覧ください↓

    ATMの利用手数料が無料のカードローン

    カードローンでお金を借りる方法は各会社によって独自サービスがある

    カードローン会社でお金を借りるときの独自サービスについて

    各カードローン会社の「借り入れの方法や仕組みの特徴」について解説します。

    借り入れ方法はATMとインターネットを利用するのが主流

    多くの大手カードローン会社では、利用者が借り入れ・返済をおこなう際、次の2つの方法を提供しています。

    • コンビニなどのATMで直接借り入れ・返済をする
    • インターネットを利用してスマートフォン・PCから「金融機関口座振込依頼」によって借り入れ・返済をする

    基本的に「ATMを使って現金を借り入れ・返済」が可能です。事業融資やマイカーローンのように金融機関窓口に来店して借りる必要はありません。

    さらに各カードローン会社では、自社サービスによる優れた特徴があります。

    アイフルは提携コンビニATMが使える

    「アイフル」は大手提携コンビニATMから借り入れができます。

    セブン銀行ATMやローソン銀行ATMが設置されているコンビニは街にたくさんの店舗がありますので、急にお金を借りたい時でもさっと立ち寄って借入ができます。

    三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」はATM利用手数料がすべて無料

    「バンクイック」で契約をすると、大手提携コンビニATMから借入・返済する利用手数料が無料です。三菱UFJ銀行ATMでも同様となっています。

    SMBCモビットは三井住友銀行ATM利用手数料が無料

    SMBCモビットは、同じグループ会社である「三井住友銀行ATM」を利用してお金を借りる場合は「手数料無料」となっています。(返済も無料)

    また、オンラインを使ってWEB完結で申し込んだ場合、審査での職場への電話連絡をなしにできるので、ばれにくいメリットがあります。

    スマートフォンを使ってカードレス決済

    以前のカードローンの借り入れ方法は、ローン会社から発行されたローンカードを使う方法しかありませんでした。しかし最新のシステムでは、必ずカードを使う必要はありません。

    大手消費者金融系カードローンでは、セブンイレブンに設置されているセブン銀行からスマートフォンで借り入れが可能です。

    レイクALSA(レイクアルサ)はアプリをスマートフォンにダウンロードして、セブンイレブンのコンビニに設置されているセブン銀行ATMからスマートフォンを使って借り入れをおこなうこともできます。

    「カードの所持枚数を増やしたくない方」にはおすすめの借り入れ方法です。

    ・スマホアプリサービスが使える会社

    レイクALSA(レイクアルサ)以外に「スマホアプリ」でお金を借りる「カードレス借り入れ」ができる会社は次のとおりです。

    アイフルはローソン銀行ATMでもカードレス借り入れが可能です。※返済も可

    インターネットから借り入れする際の振込時間が早い

    インターネットを使えば、銀行や信用金庫などの金融機関口座に現金を振込してもらって借り入れをすることが可能です。したがって、この場合もローンカードを使わず、「口座用のキャッシュカード」でATMから借り入れができます。※電話での振込依頼もできます。

    アコムは、楽天銀行口座の振込は24時間最短1分程度で振込が完了します。借り入れを待たされることはありません。

    このようにカードローンを利用すれば、最新システムを使って素早くお金を借りることができ、急いでいる方に最適なサービスです。

    アコムは無人店舗ATMから借り入れができる

    アコムは全国約900ヵ所に自社店舗があります。この店舗ではATMからお金を借りれるのはもちろん、申し込みから契約までをおこなうこともできます。

    個室になっている無人契約機(むじんくん)ATMもあり、誰にも内緒で契約もできます。

    また「ATM利用手数料」も無料です。そのため、仕事場やよく行く施設の近くに「アコムの店舗」がある場合は、アコムで契約をして無料でATMを利用するのもおすすめの方法です。

    「銀行からお金借りるサービス」には目的別ローン商品がたくさんある

    「銀行からお金を借りる方法」で目的別ローンが利用できるメリットについて

    銀行は銀行法に基づき、お金に関する様々なサービスをおこなっています。ではお金を借りるサービスにはどのような種類があるのか?について解説します。

    マイホームの購入なら住宅ローンを利用

    新築・一戸建てなど家を建てるときに利用するのが住宅ローンです。マンションや建売住宅の購入にも利用できます。

    住宅ローンの金利相場・・・変動金利 年0.2%台~ フラット35・全期間固定金利 年0.5%台~

    また、住宅に関わるお金を借りることも可能です。住宅ローンの種類としては次のとおりです。

    借り換えローン一度住宅ローンを組んでも、より有利な条件の住宅ローンへ借り換えができる
    建て替えローン住宅の建て替え時にかかる費用を借りることができる
    リフォームローン住宅の修繕や設備、太陽光発電設置などリフォーム全般の費用で借りることができる

    参考

    最新の金利情報:長期固定住宅ローン【フラット35】

    イオン銀行の住宅ローンの金利

    auじぶん銀行の住宅ローンの金利

    住宅ローンの借り換えの貸付金利

    りそな銀行の住宅ローンの借り換えローンには「Web申込限定プラン」があります。

    • 変動金利・・・年0.430%(店頭金利より最大年▲2.045%)
    • 当初型10年固定金利・・・年0.795%(店頭金利より最大年▲2.655%)
    • ※2022年3月時点

    店頭金利より年2%以上低金利になっています。最新の金利はこちらで確認してください。↓

    参考 ・りそな銀行住宅ローンの借り換えについて

    自宅を担保にして融資を受けてそのまま住めるリバースモーゲージ

    最近リバースモーゲージという言葉を聞くことがあります。英語で「Reverse mortgage」といい、「家を担保にしてお金を借りる」方法です。この仕組みは不動産担保融資と同じですが、大きく違う点は次のとおりです。

    • 不動産担保融資より融資金利が低い
    • 不動産担保融資
    • リバースモーゲージの申し込みは年齢条件がある
    • リバースモーゲージは融資後に元本の毎月の返済は必要ない。利息のみを支払う(元本の返済については、基本的には契約者が亡くなってから売却金額で返済する)

    例、三井住友銀行のリバースモーゲージ

    • お金を借りる目的 住宅ローンの返済、旅行や趣味の費用などいろいろな目的に利用可能
    • 対象年齢 50歳以上から(銀行によって違う)
    • 配偶者への引継ぎ 可能。契約者夫婦のうちのどちらかが亡くなっても、残された方が亡くなるまでそのまま利用可
    • 契約途中の一括返済 可能。現金で元本を一括返済して契約終了ができる


     
    通常の不動産担保融資であれば、毎月元本と利息の支払いが必要ですが、リバースモーゲージなら利息のみを支払うだけです。

    元本の返済は、夫婦や契約者が亡くなったときに、住んでいた家を売却して返済費用に充てられます。相続人が家を残したい場合は、現金で一括返済することもできます。

    また売却の際に、売却金額が借り入れ金額を下回っていても、相続人は不足金を支払う必要ありません。(ノンリコース型とよぶ)

    逆に売却金額が借り入れ金額を上回った場合は、相続人がその差額を受け取れます。

    家や建物の修理ならリフォームローンを利用

    銀行からリフォームの借入金の金利相場・・・年1.0%前後~年4.0%

    マイホームの外壁や内装の修理や、バスやキッチンの設備の交換といった、リフォームのお金を借りたいなら「リフォームローン」です。

    住宅ローンほどお金はかかりませんが、数十万~数百万になることが多いので、できるだけ低金利のリフォームローンを探すのがおすすめです。

    銀行名金利(年率)WEB申し込み(来店不要)
    東京スター銀行年0.85%~
    関西みらい銀行年1.3%~
    滋賀銀行年1.675%~
    きらぼし銀行年1.70%~
    十六銀行年1.975%~

    国土交通省には「リフォーム減税制度」がありますので、先に確認しておくことをおすすめします。

    参考 ・リフォーム減税制度に関するよくあるご質問

    最近では、子育て支援・カーボンニュートラルの実現を目的とした、「こどもみらい住宅支援事業」という補助金制度が注目されています。

    多くの銀行では、リフォームローンサービスがあります。金利の比較などをしておきましょう。↓

    参考 ・リフォームローンの総合ランキングの案内はこちら

    自動車購入の費用ならマイカーローンを利用

    銀行のマイカーローンの金利相場・・・年0.9%~年2%

    自動車やバイクを購入する際にお金を借りたいなら「マイカーローン」を利用してください。自動車販売店と交わした契約書や見積書等を銀行に持参して手続きをおこないます。

    住宅ローンを組んでいる銀行でマイカーローンを組むと、金利が低くなることがあるので有利な条件を探しましょう。自動車の所有者(名義人)は購入者になります。

    銀行名金利(年率)WEB申し込み(来店不要)
    千葉銀行年0.85%~
    静岡銀行年0.85%~
    JAバンク年1.5%~

    銀行以外のマイカーローン

    銀行名金利(年率)WEB申し込み(来店不要)
    損保ジャパン年1.90%~
    碧海信用金庫年1.90%~
    朝日信用金庫年1.50%~

    比較してみると、銀行のマイカーローンの方が平均的に金利は低めですが、審査は銀行の方が厳しめです。

    車ディーラーのマイカーローンもありますが、金利は銀行より高めで、自動車の所有者は信販会社やディーラーになります。したがって、借り入れ残高がある状態では売却や廃車ができません。

    お金を今すぐ借りたいならカードローンを利用

    銀行カードローンの金利相場・・・年14%台~(上限金利)

    生活での急な出費や旅行の費用、趣味の費用など、借り入れしたお金はどんなことにも利用できるのがカードローンです。

    資金使自由のローンは「フリーローン」もありますが、カードローンの最大のメリットは、契約さえしておけば、必要な時に必要な分だけお金を借りることができる点です。さらに返済をしたいときも、一部返済、全額返済がいつでも可能です。

    無担保・無保証で利用できるのも、借りやすさに優れている点です。人気のある銀行系おすすめのカードローンは次のとおりです。

    カードローン会社金利(年率)融資限度額
    三菱UFJ銀行カードローンバンクイック1.8%~14.6%10万円~500万円
    楽天銀行カードローン(スーパーローン)1.9%~14.5%10万円~800万円
    みずほ銀行カードローン2.0%~14.0%10万円~800万円
    三井住友銀行カードローン1.5%~14.5%10万円~800万円

    配偶者貸付なら専業主婦でもお金を借りることができる

    カードローンの利用条件は、「安定した収入がある方」を対象としています。したがって、「無職の方や収入0円の専業主婦(夫)」は申し込みはできません。

    ただし、一部の銀行カードローンには「配偶者貸付」で専業主婦でもお金を借りることができます。「楽天銀行スーパーローン」は、配偶者に収入があれば、専業主婦の方でも融資限度額が最大50万円までの契約が可能です。(ローン審査があります)

    参考 ・専業主婦がお金を借りる場合について

    子どもの進学など教育に必要な費用を借りれる教育ローン

    教育ローンの金利相場・・・年0.9%台~

    子どもの入学や進学に必要な費用に利用できるのが、教育ローンです。日本政策金融公庫でも扱っているように、子育てを支援する意味でも有意義な融資制度です。

    入学金、授業料の他、一人暮らしのための費用の仕送りなど教育に関する幅広い費用の借入が可能です。また一度ローンを組んでも、他の銀行に借り換えができる場合もあります。

    WEB申し込みで来店不要や、日本政策金融公庫より金利が低い銀行もあります。

    金利が低い銀行の教育ローン一覧

    銀行名金利(年率)WEB申し込み(来店不要)
    横浜銀行年0.9%~
    千葉銀行年1.3%~
    常陽銀行年1.9%~
    京都銀行年1.975%~
    池田泉州銀行年2.175%~

    事業性資金の融資ならビジネスローンを利用

    銀行の借入サービスは「個人向け」のものが多いですが、法人や個人事業主が事業資金を調達するための融資も扱っています。

    銀行から事業性融資を受ける際には、来店窓口で申込をおこない、事業計画書や損益実績表、数年先の損益計画書、資金繰り計画書など多くの書類を提出する必要がありました。

    三菱UFJ銀行のオンライン融資サービス「Biz LENDING」では、三菱UFJ銀行に口座があれば入出金データー等をもとに審査がおこなわれ、書類を最大限簡素化できます。また来店不要で24時間WEB申し込みが可能です。

    口座がない銀行でも、一定の条件をクリアしていれば、決算書や確定申告書のみで審査を受けることができるビジネスローンとよばれるサービスもあります。

    PayPay銀行のビジネスローンは、口座の入出金履歴がなくても「業歴2年以上、または決算を2期終了している法人」であれば申し込みが可能です。

    個人事業主であれば「日本国籍を有している、または外国籍で日本での永住権を有している」ことで申込みが可能です。

    いずれの場合も、審査によって最大500万円の事業性融資を受けることができます。(申し込み時に普通預金口座「ビジネスアカウント」が必要)

    しかし、小規模の個人事業主は銀行の事業性融資の審査に通りにくいのが実態です。そんなときは、銀行にこだわらず個人事業主でもお金を借りる可能性が高い方法を利用するのがおすすめです。

     

    労働組合の団体会員や生協組合員なら労金(ろうきん)で融資をする

    ろうきんは「労働金庫」の略です。「ろうきん」は銀行のように預金や融資がおこなわれている金融機関です。

    労働組合や生協が運営している協同組織の福祉金融機関です。労働金庫法という法律が適用されています。ろうきんでは銀行と同じように、目的別借入サービスやフリーローンといったサービスを取り扱っています。

    参考 ・一般社団法人全国労働金庫協会のご案内

    さらにおを金借りる場合はどんな方法にしても「共通して知っておくべき知識」があります。特に「初めてお金を借りたい」という方はその仕組みを必ず理解しておくことが重要です。

    上手なお金の返し方。延滞しないで返済するコツ

    お金の返済を延滞しないでおこなうコツについて

    お金を借りる場合、「期日までにきちんと返済をおこなう義務」という重要な項目があります。返済が遅れると、「ローン会社からの信用を失う」ことになりますので、気をつけなければなりません。

    大手カードローン会社では、ローン利用者が返済がしやすいように、さまざまな返済方法を提供しています。どんな返済方法があるのかを理解して、自分に合った返済方法を選んでみましょう。返済がしやすくなれば、延滞やうっかり返済を忘れることを回避することができます。

    ではここから編集部が調査した、カードローンの返済の方法についてご紹介します。

    金融機関での返済の決まりと仕組み

    どのようなローンにおいても、お金を借りるということは返済をする必要があります。

    毎月元金と利息を合わせた返済が必要です。ほとんどの方が理解されているかと思いますが、このコラムでは「カードローンの返済方法」について詳しく解説します。

    まず全体的な「借入金の返済イメージ」としては、次のようになります。

    借入金の返済イメージ

    「毎月の最低返済額」は月に1回期日に必ず返済をする必要があります。

    ただし、期日前に「任意返済」で最低返済額分が返済できた場合、次の返済は翌月の返済となります。※一部では、任意返済で最低返済額をクリアしても期日に必ず返済が必要となる会社もあります。

    最低返済額とは?

    最低返済額とは、「毎月の返済日に必ず返済しなければいけない最低額」のことです。各カードローン会社によって「最低返済額」が決められています。

    例えば、レイクALSA(レイクアルサ)の最低返済額は次のようになっています。

    利用残高毎月の最低ご返済額返済回数
    1~100,000円4,000円36回以内
    100,001~200,000円8,000円36回以内
    200,001~300,000円12,000円36回以内
    300,001~400,000円13,000円60回以内
    400,001~500,000円14,000円60回以内


    ※契約金額により、毎月の最低返済額が異なる場合があります。

    このように、借りている残高によって毎月の最低返済金額が決まります。そして、期日に遅れないように最低返済額かそれ以上の金額を返済します。

    自分が毎月の返済をどのくらいに設定したいのか?を考えて会社を選びましょう。

     

    銀行系カードローンは相対的に最低返済額が低く設定されている

    「貸金業者系(消費者金融系)カードローン」と比較して、「銀行系カードローン」は毎月の最低返済額が低く設定されています。

    したがって毎月の返済の負担は小さくなりますが、返済金額が低いほど借り入れ期日は長くなるので、利息の負担が大きくなります。「できるだけ多く返済する」「無理をしない」2つのバランスを考えて選ぶのがポイントです。

    返済日について

    カードローンの申し込み時に、毎月の返済日を決めます。返済日は「自分の好きな日を選べる」場合と、「カードローン会社が指定する」場合とがあります。

    返済日を決めるコツとしては、「手元に現金が入ってくる給料日後すぐ」に設定しておくことです。手元の現金が少ないときに返済日がくると、返済金額を払えない可能性が高くなってしまいます。

    「自分の好きな日を選びたい」という方は、事前に返済日について調べておくことをおすすめします。

    次に「具体的な返済方法」についての解説します。

    カードローンでお金を借りる時の返し方(返済方法)

    銀行系や大手消費者金融系カードローンの「返済方法」にはいくつかの方法があります。大きく分けると以下のようになります。

    • インターネットを使う
    • ATMを使う
    • 金融機関口座から自動引き落とし
    • カードローン会社に振込をする
    • アプリを使う

    これらの中から、自分に合った返済方法を選ぶことができます。

    ここからは、各返済方法についてわかりやすく解説します。

    インターネットを利用した返済方法

    ほとんどの大手カードローン会社には、「WEB管理画面」というサービスがあります。WEB管理画面にログインすると、次のような操作ができます。

    • 借り入れの申し込み
    • 返済の申し込み
    • 月々の返済日の確認
    • 借入残高・利息の状況確認
    • 増額の申し込み
    • 登録情報の確認

    外出先でも自宅でも、パソコン・スマートフォンがあれば、ほぼ24時間簡単に操作が可能です。

     

    インターネットを使ったお金の返し方の手順

    インターネットを使った返済の手順ついて

    まず、「ネットバンキング」が利用できる銀行口座が必要です。多くの場合は「ペイジー」というシステムを使っています。公式サイトで利用可能な銀行を確認できます。

    参考 ・ペイジーを利用できる金融機関

    返済の手順としては次のとおりです。

    1、所持しているネットバンキング可能な銀行口座に返済額を入金しておく。

    2、各社のWEB管理画面から「返済」を選び、手順に沿って「ペイジー」で返済をおこなう。

    画面の指示どおり操作すれば簡単にできます。

    ATMでの返し方

    ATMを使った返済方法について解説します。

    ・提携コンビニATMで返済

    大手カードローン会社に共通する返済方法として、「コンビニにあるATMで返済する方法」があります。

    • セブンイレブン→セブン銀行ATM
    • ローソン→ローソン銀行ATM
    • ファミリーマート・デイリーヤマザキ(ポプラ・サンドラッグ等)→E-netATM
    • ミニストップ→イオン銀行ATM
    • ※リンクをクリックすると各コンビニATMのタッチ画面操作、取り引き時間等が見れます。

    街にはコンビニ店舗がたくさんありますので、使い勝手としては一番便利だといえます。ただし、「紙幣での返済のみ」が多いので、百円単位の返済はできず、千円単位の返済になります。

    ・カードローン会社の店舗ATMで返済

    各会社の関連ATMが使えます。

    例えば、消費者金融系カードローンの場合は次のようなATMです。

    銀行系カードローンの場合は、次のようなATMです。

    • 三菱UFJ銀行カードローンバンクイック→「三菱UFJ銀行ATM」
    • 三井住友銀行カードローン→「三井住友銀行ATM」
    • ※クリックすると詳細をご覧いただけます。

    なお、楽天銀行スーパーローンはネット銀行なので、自社店舗はありませんが、コンビニATMや銀行ATM等多くの会社と提携しています。

    参考 ・楽天銀行スーパーローン提携ATM検索ページ


    できるだけ手数料を支払わないようにする

    大手カードローン会社の場合、いくつかのATMを使って返済が可能ですが、ATMによって「利用手数料が無料」の場合と「有料」の場合があります。

    例えば、アコムではセブンイレブンにあるセブン銀行ATMやローソンにあるローソン銀行ATMといった提携コンビニATMで返済ができますが、利用手数料として110円~210円がかかります。(借入の場合も同じ)

    利用手数料がかさばってくると、場合によっては支払い利息より多くなってしまうこともあります。したがって、コンビニATMで返済したいとお考えの方は、利用手数料が無料のカードローンを選ぶのがおすすめです。

    三菱UFJ銀行カードローンバンクイックは、提携コンビニATMでの借入・返済とも利用手数料は無料となっています。

    ちなみに、アコムを利用したい方は、次のような返し方をすれば利用手数料はかかりません。

    • 店頭窓口で返済
    • 自動契約機むじんくんATMで返済
    • インターネットから返済の申し込みをして金融機関口座から引き落とし
    • 口座から毎月自動引き落としで返済

    ※アコムの指定銀行口座へ振込する場合は、振込手数料がかかります。

    • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
    • 楽天銀行スーパーローン
    • 横浜銀行カードローン

    「口座から自動引き落とし」による返済方法

    毎月の最低返済額を返済する場合の方法です。

    決まった「返済日」に銀行などの金融機関口座から引き落としされます。ただし「口座から自動引き落とし」の返済分は、毎月の決まった最低返済額の返済のみとなります。

    「任意返済」や「追加返済」に関するお金の返し方ついては、この方法以外を使って返済します。

    カードローン会社に振込をする返済方法

    各カードローン会社の返済専用口座に振込をする方法です。一般的な振込と同じやり方です。

    振込手数料は無料の場合が多いです。

    アプリを利用した返し方について

    一部のカードローンでは「アプリ返済」という返し方(返済方法)があります。

    スマートフォンに専用のアプリをダウンロードすれば、「カードを持っていなくてもスマートフォンを使って返済ができる」という仕組みです。

    「アプリ返済」が使えるカードローン会社は以下のとおりです。

    • アイフル
    • プロミス
    • レイクALSA(レイクアルサ)

    借入もアプリで可能です。

     

    いつでも一括返済が可能です

    カードローンは「キャッシング残高をすべて一括返済」したい時にいつでもおこなうことができます。

    たとえ少しでも借り入れ残高が残っていれば、その金額に対して金利・利息が発生します。

    「数日後にまた借り入れが必要」な時でも、いったん一括で返して再度借入すれば、次の借り入れまでは利息が完全に0円となり負担がありません。

    また、全額返済でなくても、余裕があるときに残高の一部を臨時返済(繰り上げ返済)することも可能です。

    このようにカードローンで借りたお金の返し方は、それぞれの利用者にとって便利な方法が用意されています。

    事業主が資金調達する方法

    「小規模から中小の事業主が資金調達する」場合は、次の方法があります。

    個人事業主でも利用可能なファクタリング

    「ペイトナーファクタリング」は、小規模の個人事業主の資金繰りを応援する「ファクタリングサービス」です。

    ペイトナーファクタリングの解説

    引用元:ペイトナーファクタリング

    ファクタリングとは、お金を借りず「取引先への請求書」(売掛金)を活用して早期に現金化できるサービスです。

    ペイトナーファクタリングは、小規模の個人事業主でもファクタリングの利用がオンラインで可能です。※法人も可。さらに、申し込みから最短10分で請求書を現金化できます。電話やメールのやりとりもありません。

    利用者は取引先から入金されてから、ペイトナーファクタリングに返金します。手数料としてファクタリングで早期現金化したお金の10%を支払います。

    審査はファクタリングの申し込み者より、取引先の信用度を重視しています。JICCといった個人信用情報機関の照会はありません。したがって、お金を借りにくい個人事業主でも審査の心配がありません。

    事業の資金を早期に調達したいときに、簡単に申し込みができるのでおすすめです。

    参考 ・ペイトナーファクタリングの詳細やオンライン完結の申し込み方法はこちら

    赤字でも申し込みが可能なビジネスローン

    「アイフルビジネスファイナンス」は事業融資専用の借入ができます。

    事業のお金を借りることができるアイフルビジネスファイナンスの内容

    引用元:アイフルビジネスファイナンス

    アイフルビジネスファイナンスは、「赤字だけの理由でローン審査で落ちることがない」ビジネスローンです。契約率が非常に高く、即日融資も可能です。

    まさに、小規模の個人事業主や法人事業主でもお金が借りれる方法です。

    参考 ・必ず借りれるビジネスローンは?という質問で比較回答。2022年無担保・ハードルが低い審査会社

    新たに事業を始めるなら日本政策金融公庫の創業融資

    日本政策金融公庫は、日本国民のための「政府系金融機関」です。個人事業主や法人会社がお金を借りることができる金融機関です。小規模事業者にも、支援金や応援金という名目で融資をおこなっています。

    先日個人でアパート経営をしている私の友人が、建物のリフォームの資金を借入するために日本政策金融公庫で申し込みをしました。

    多くの融資サービスがあり、低金利も魅力です。安心して融資を受けることができています。

    参考 ・日本政策金融の融資のご案内一覧

    専業主婦の人がお金を借りる方法

    専業主婦の方でもお金を借りることができる方法について

    無職の方に関しては、収入がないためカードローンの利用ができません。したがって「専業主婦」の方についても収入がないので同じ扱いとなります。

    しかし、一部の銀行系カードローンでは配偶者の収入に応じて借入審査をおこなう「配偶者貸付」という制度があり、専業主婦の方でもお金を借りることができます。

    楽天銀行カードローン(スーパーローン)は専業主婦でも申し込みができる

    基本的に収入が0円の専業主婦の方は「借入審査通らない」とお考えの方が多いかと思います。しかし、楽天銀行カードローン(スーパーローン)では専業主婦の方でも、借入審査の対象とすることができます。

    貸付上限額は10万円以上から最大50万円まで

    楽天銀行スーパーローンの貸付限度額は最高800万円ですが、専業主婦の方に関しては最高50万円までとなっています。

    楽天銀行カードローンは、借入審査時間も早く在籍確認もありません。最短で申し込み日の翌日に借入が可能です。専業主婦の方がカードローンでお金を借りる場合は、楽天銀行スーパーローンに申し込みをすることをおすすめします。

    無職でも公的機関からお金を借りられる方法

    仕事がない人でもお金を借りることができる方法について

    カードローンの利用条件には、「安定した収入のある人」となっているため、無職の方はお金を借りることはできません。この条件はすべての会社の利用条件の一つとなっています。※ただし、「専業主婦」の方には例外があります。詳しくはこちら

    しかし、公的機関では無職の人に貸付ができる制度があります。無職の方がお金を借りるには次のような方法があります。

    求職者支援資金融資制度(厚生労働省)のご案内

    「求職者支援資金融資」は、求職者支援制度で職業訓練受講給付金を受給する予定の方を対象とした貸付制度です。

    <概要>
    職業訓練受講給付金を受給しても、その給付金だけでは訓練受講中の生活費が不足
    する場合に融資を受けることができます。

    [貸付額]
    月額5万円(上限)または 10万円 (上限) × 受講予定訓練月数(配偶者などの有無により、上限額は異なります)

    引用元:厚生労働省(https://www.mhlw.go.jp/)

    引用元:YouTube厚生労働省

    求職者支援資金融資制度(厚生労働省) 電話 03-6858-8609

    生活福祉資金貸付制度のご案内

    「新型コロナウイルス感染症の影響」により生活資金が困窮している方、「豪雨災害や震災で一時的な生活費を借りたい方」等を対象にした公的支援制度です。休業・失業されている方も対象になります。

    厚生労働省公式サイト「生活福祉資金貸付制度について」 電話 0120-46-1999

    母子父子寡婦福祉資金貸付金制度(内閣府) 電話 03-5253-2111(大代表)

    大阪府生活福祉資金 福祉資金貸付のご案内 電話 06-6762-9471

    東京都社会福祉協議会 生活福祉資金貸付事業のご案内 電話 03-3268-7171

    福岡県社会福祉協議会 生活福祉資金貸付制度のご案内 電話 092‐584‐3377

    愛知県社会福祉協議会 生活福祉資金貸付制度のご案内 電話 052-212-5513

    緊急小口資金貸付(厚生労働省)のご案内

    コロナの影響により、緊急かつ一時的に生計の維持が困難となった場合に、少額の費用をが借りられます。※貸付利子は無利子、保証人は不要

    引用元:YouTube厚生労働省

    緊急小口資金貸付(厚生労働省) 電話 0120-46-1999

    この制度を利用すれば、「無職」でもお金を借りることが可能ですので、ぜひ活用してください。

    はじめてなら無利息サービスを利用できるカードローン情報

    無利息で借りれるサービスがあるカードローン会社の解説

    消費者金融で初めてカードローン契約をおこなう方は、一定期間は無利息でお金を借りることができます。

    無利息期間サービスとは

    各カードローンにはじめて申し込み・契約をする場合、特典として「契約後」または「借入後」に決められた日数・期間を、無利息0円で借り入れができるというサービスです。

    無利息期間は30日間~180日間と各会社で違いがあります。中でも一番長い無利息期間があるのが、レイクアルサ(レイクALSA)です。

    借入金額によって「60日間~180日間」の中で選択することができます。

    ○レイクアルサ(レイクALSA)についての参考情報

    レイクALSA(レイクアルサ)は5万円まで180日無利息のカードローンですか?の質問にお答えします!

    無利息サービスの手続きは?

    無利息サービスを受ける際に特別な手続きは必要ありません。借入審査に通過すれば、契約日の翌日から、または借入の翌日から自動的に無利息サービスが始まります。

    アルバイト・パート・派遣社員でも大丈夫?

    派遣社員の方・アルバイトの方でも、安定した収入が継続的にあれば借入審査の申し込みははもちろん、問題なく無利息期間サービスを受けることができます。

    大学生でも18歳以上なら大丈夫

    一部のカードローンは、大学生の方でも安定した収入がある方なら問題なく借入審査申し込みができ、通過すれば無利息期間サービスを受けられます。※ただし高校生は申し込みができません。

    無利息サービスを利用して借りたい人は大手消費者金融(貸金業)で借入する

    はじめてのカードローン契約なら、一定期間は無利息でお金を借りることができる会社があります。このサービスは貸金業者の大手消費者金融系カードローンに付帯するサービスです。

    大手銀行系で人気の、「三菱UFJ銀行カードローンバンクイック」や「みずほ銀行カードローン」などは無利息期間サービスはありません。

    したがって、「1回だけ借入してすぐに一括返済したい」という場合は、消費者金融の無利息サービスを利用すると利息がかからないのでおすすめです。

    無利息サービスのある会社は以下のとおりです。

    これらの大手消費者金融系会社では「無利息サービス」を利用することが可能です。

    各会社の最大無利息期間と適用条件を比較

    三井住友カードカードローン、アコム、レイクALSA(レイクアルサ)、アイフル、プロミスのカードローンは無利息期間サービスがありますが、それぞれに適用となる条件があります。

    会社名日数 始まる日・条件
    三井住友カードカードローン3ヵ月無利息。借り入れ金額全額が対象(期間中は何度でも)キャンペーン期間2021年9月1日(水)~2022年5月31日(火)※詳細はリンク先の公式ページをご確認ください。決められた期間に借り入れ後・決められた入会期間に契約
    アコム30日間無利息。借り入れ金額全額が対象契約日翌日から・はじめての契約
    レイクALSA(レイクアルサ)30日間・60日間・180日間の中から無利息期間を選ぶ。30日間・60日間は200万円まで。(180日間は5万円までで期間中は何度でも)契約日翌日から・はじめての契約※その他詳細な条件あり
    プロミス30日間無利息。借り入れ金額全額が対象借入をした翌日・はじめての契約
    アイフル30日間無利息。借り入れ金額全額が対象契約日翌日から・はじめての契約

    まず各社共通して点は、「はじめての契約なら無利息サービスが利用できる」です。※「はじめての契約」とは、「過去にその会社に申し込みがない」ことも含む。

    アコム、アイフル、プロミスのカードローンは「はじめての契約」であれば、30日間無利息サービスが確定します。ただし、レイクALSA(レイクアルサ)と三井住友カードカードローンは他に条件があります。

    レイクALSA(レイクアルサ)無利息サービスの60日間と最大180日間の適用条件の違い

    レイクALSA(レイクアルサ)の場合、「3つの無利息サービス期間」があります。申し込み方法によって違いがありますので注意しておきましょう。

    ①WEBで申し込むと初回契約翌日から60日間無利息期間適用。

    • ※ご契約額が1万円~200万円の方が対象。
    • ※WEB経由で申しこんだ方が対象です。
    • ※Web申込でも契約額200万円を超えた場合30日間無利息。
    • ※WEB以外で申しこまれた場合は、初回契約翌日から30日間は無利息。

    ②借入額5万円まで180日間無利息期間適用。

    • ※ご契約額が1万円~200万円の方が対象。
    • ※いずれの無利息サービスも初回契約翌日から無利息期間適用。
    • ※無利息期間経過後は通常金利適用。
    • ※30日間無利息・60日間無利息・180日間無利息は併用不可。
    • ※初めての方限定
    • ・Web以外で申し込んだ場合は30日間無利息を選択できます。(自動契約機や電話での申し込み)
    • ・Web申込でも契約額200万円を超えた場合は30日間無利息のみ利用が可能

    編集部がレイクALSA(レイクアルサ)公式サイトを調べてみると、「WEB申し込み」であればすべての無利息サービス期間を選ぶことができます。

    「WEB申し込み以外」であれば、「30日間か180日間」の無利息サービス期間が選べますが、「60日間・200万円までの無利息サービス」は選べません。

    一番よく使われている方法は、WEB申し込みです。レイクALSA(レイクアルサ)はWEB申し込みの方法を利用することをおすすめします。

    また、「契約限度額が200万円以上か以下かで、30日間か60日間かが決まってきます。60日間の適用を受けるためには、次の2つ条件をクリアする必要があります。

    • 申し込みはwebでおこなう
    • 契約限度額200万円以下で契約する

    この2つの条件はそう難しいことではありません。(200万円以上の契約限度額を求める方は非常に少ない)

    60日間であれば30日間より余裕をもって返済ができるので、2つの条件をクリアして「60日間全額無利息適用」を選ぶのが断然お得です。

    最大90日間無利息の三井住友カードカードローンは期間限定の条件がある

    三井住友カードカードローンの無利息サービスは期間限定です。

    ※2021年9月1日(水)~2022年5月31日(火)に申し込みをされた方で、2021年9月1日(水)~2022年6月30日(木)に契約が完了し、借り入れをした方。※詳細はリンク先の公式ページをご確認ください。

    期間限定ですが、他社との比較で「無利息期間の長さ」「無利息が適用される金額」の両方で一番お得になるため、三井住友カードカードローンはおすすめです。

    プロミスは借り入れをした日から最大30日間のカウントが始まるので便利

    編集部の調査では、プロミスの無利息サービス期間は30日間ですが、無利息サービス期間が同じアコム、SMBCモビット、アイフル3社と比較して違いがあることがわかりました。

    3社は「契約後から30日間無利息」となります。プロミスカードローンは「借り入れした翌日から30日間無利息」です。したがって、契約が完了しお金を借りたい時期がまだ少し先でも、借り入れ翌日から無利息期間が始まりますので、必ず30日間は無利息になります。

    つまりプロミスカードローンは利息の節約ができるメリットがあります。

    借り入れがまだ先の予定で契約をするなら、プロミスがおすすめです。

    無利息期間中でも「毎月の返済は必要」

    無利息期間中でも元金の返済は、毎月1回決められた期日に「最低返済額かそれ以上」の返済が必要です。(無利息期間中なら利息の支払いは必要なし。)

    また無利息期間が終了する時点で借り入れ残高がある場合、次回返済からは「元金と金利に対して利息を支払う」必要があります。

    今ある借金をまとめて借り換えする方法

    おまとめローンで借金を借り換えする方法について

    すでにカードローンでお金を借りている場合、他社に借り換えができる方法があります。

    借り換える目的は次のような場合です。

    • 複数のカードローン会社から借金があり、それを1社に1本化することで毎月の返済を1回に減らして返済負担を軽くする
    • 1社のカードローン会社からの借り入れを、金利が低い会社に借り換えをする

    つまり、「毎月の返済回数を減らす」「金利の負担を減らす」目的がある場合です。

    ただし、今の借り入れを新しい会社に借り換えする場合には借入審査にとおらないパターンがいくつかあります。

    住宅ローンの借り換えなら貸付金利を比較重視

    銀行の借り換えサービスでよく利用されているのが、「住宅ローンの借り換え」です。

    詳細についてこちらご覧ください。↓

    参考 ・住宅ローンの借り換えを利用できる金融機関

    お金を借りず支援を受ける方法

    お金を借りないで国や都道府県から支援を受ける方法について

    お金を借りたい方は、「生活資金」を求めている方も多いです。お金を借りずに公的機関から生活支援を受けられる方法もあります。

    お金をくれる人はそういないので、「国からの援助」を受けましょう。該当する方は申請してください。※2022年5月時点。

    ひとり親世帯臨時特別給付金のご案内

    母子家庭や父子家庭で子供を育てている「ひとり親世帯」を対象とする給付金です。低所得者が対象となります。

    厚生労働省公式サイト「ひとり親世帯臨時特別給付金について」

    生活保護制度のご案内

    「生活に困窮する方」を対象にする最低限度の生活を保障する制度です。厚生労働大臣が定める最低生活費基準と比較し、世帯収入が最低生活費に満たない場合、生活保護費を受給できます。

    厚生労働省公式サイト「生活保護制度について」

    他にも、お金借りずに現金を手に入れる方法もあります。例えば、メルカリやYahoo!オークションで手持ちの物品を出品することもできます。支援を受けることと並行して考慮してみてください。

    絶対にしてはいけないお金の借り方

    断じてやるべきではないお金の借り方について

    「どうにかしてお金を借りたい」と思っても、絶対にやってはいけない借り方があります。

    ネットを使って面識のない個人間でお金を借りるのはおすすめできない

    ツイッターやネット掲示板のSNSで「お金貸します」という投稿を見かけますが、見知らぬ相手からお金を借りることは危険です。最悪の場合犯罪に巻き込まれる可能性もあります。

    参考 ・金融庁|SNS等を利用した「個人間融資」にご注意ください!

    安全にお金を借りるためには、「融資をおこなう相手がどんな存在なのか?」を正しく認識する必要があります。「登録許可のある金融機関」から融資を受けることを考えてください。

    闇金などの違法業者からお金を借りることはしない

    「闇金」は、「貸金業の登録許可がないのに貸金業をおこなっている業者」のことです。闇金業者は、「ブラック」と呼ばれる「正規の金融機関からお金を借りることができない人」の情報を集め「異常に高い金利」でお金を貸します。

    参考 ・金融庁|闇金対策法のポイント

    「どうしてもお金に困っている人」は、借入ではなく、まずは公的支援で援助をしてもらえないか?の相談をしてみてください。→※詳しくはこちら→・お金を借りず支援を受ける方法

    パチンコやギャンブルに使うためにお金を借りてはいけない

    パチンコなどのギャンブルの目的でお金を借りてしまうと、取り返しのつかないくらい借金が膨らむ場合があります。

    消費者庁のサイトに「ギャンブル依存症により、ギャンブルにのめり込んでコントロールができない精神疾患の人」が、パチンコやギャンブルにはまってしまい、多額のお金を借りて返済ができない事例があります。

    投資目的でお金を借りるのは危険

    銀行では、個人的によるfx為替や株の購入のための投資目手でお金を貸してくれません。投資は大きな損失がでるリスクが高いので、安易に考えて借金をするのは危険です。

    お金借りるを体験した人の口コミを見てみよう

    「お金を借りる」の経験した人の口コミを紹介

    お金を借りる体験者の口コミです。借入の目的や手順・借入審査内容の口コミを紹介。

    こちらの案内を参考にしてみてください。↓

    お金を借りたい相談の方法・よくある質問と回答のご案内

    お金を借りる相談窓口・よくある質問と回答の紹介

    お金を借りることに関連する相談ができます。以下のページをご覧ください。↓

    よくある質問と回答のご案内

    お金を借りるにはどんな方法がありますか?
     

    借りたいシーンによってさまざまな方法があります。個人融資・事業融資・無担保・有担保・銀行・消費者金融・目的別ローン等いくつかの条件を選択して最適な方法を選びます。それら条件によっておすすめのお金の借り方も変わってきます。

      

    すぐにお金借りるときはどうすればいい?

    即日融資ができる大手貸金業者のカードローンを利用します。申し込みはインターネットを使うと早くできます。おすすめのカードローン会社はこちら

    お金を借りる時は審査があるのですか?
     

    ローン審査があります。目的としては「返済能力があるか」「他社の借り入れはあるか」などをチェックするためです。1、現在の借入件数・金額 2、過去のローン等の履歴 3、勤務先の確認といった内容です。

      

    お金を借りるとき申し込みに必要な書類は?

    10万円程の少額借入なら、本人確認書類のみで申し込みができます。

    返済時の元金と利息はどのようになっていますか?

    利息は「金利と借入金額と借入日数」によって決まります。これらをもとに返済シミュレーションをおこなえば、毎月の返済額や、元金と利息の内訳等の計算ができ確認することができます。

    無職でもお金借りることはできますか?

    無職の方がお金を借りることができる「公的機関の融資制度」があります。詳しくはこちら

    お金を借りた後の返済の仕組みは?
     

    毎月分割返済(あるいは一括返済)していきます。金利に対して利息を支払います。それを元金と合わせて返済をおこないます。個人向けカードローンなら追加融資も可能です。

      

    iAnswer株式会社編集部

    実際にカードローンに申し込みした体験や金融機関の取材情報をお届けします。FPエージェンツ通信では、カードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まり、知識やスキルをいかし執筆・監修を行っています。

    iAnswer株式会社編集部

    実際にカードローンに申し込みした体験や金融機関の取材情報をお届けします。FPエージェンツ通信では、カードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まり、知識やスキルをいかし執筆・監修を行っています。