""

プロミスの月々の最低返済額はいくら?プロミス利用者の体験談をもとに詳しく解説

プロミスの返済について。毎月の最低返済額や返済の方法を詳しく解説

プロミスカードローンの月々最低返済額や返済方法について

実際にプロミスで借り入れをして返済した方の体験談を参考にしながら、プロミスの返済に関する情報をお伝えします。

プロミスの月々の最低返済額は、公式サイトにはっきりと書かれていません。月々の最低返済額を知るためには、計算式を使って算出します。

返済額を間違って催促の通知がこないよう、しっかりと理解しておきましょう。

プロミスの返済額の計算方法についてはこちら

ぜひ最後までご覧ください。

プロミスの返済額について

プロミスの最低返済額の計算方法

プロミスで借り入れすると、毎月返済しなければいけません。返済額は「最低返済額かそれ以上」を返す決まりです。

プロミスの月々の最低返済額を知る方法

プロミスの返済方式は「残高スライド元利定額返済方式」です。借りれ残高に対して比率が変わるので、月々の最低返済額も変わります。

月々の最低返済額を算出するには、次の計算式を使います。

借入後残高返済金額返済回数
30万円以下 借入後残高 × 3.61% (1,000円未満切り上げ)~36回
30万円超過~100万円以下お借入後残高 × 2.53% (1,000円未満切り上げ)~60回
100万円超過 お借入後残高 × 1.99% (1,000円未満切り上げ)~80回

公式サイトの表だけではわかりにくいので、計算式を使って具体的な返済金額を算出してみました。

借入後残高借入後残高に対応する一定の割合返済金額(1,000円未満は切り上げ)
5万円の場合×3.61%1,805円(2,000円)
50万円の場合×2.53%12,650円(13,000円)
150万円の場合×1.99%29,850円円(30,000円)

 

1万円~100万円までの借入残高の月々最低返済額を、早見表にしました。(1万円単位)

 

プロミスの毎月最低返済額早見表

返済額を増やす・減らすことはできる?できない?

月々の返済額を増やすことはできますが、最低返済額を減らすことはできません。

先ほど解説したとおり、プロミスの月々の最低返済額は、借り入れ残高によって計算式があり、算出され決まります。これは最低返済額なので、この金額より減らすことはできません。

返済が遅れそうなときの対処法

プロミスの返済が遅れそうなときの対処法

引用元:プロミス公式サイト|返済について

「けがや病気をした」「返済するお金が足りない」といった理由で、借入金の返済が困難である場合は、事前にプロミスに相談してください。

プロミスコール(0120-24-0365)※返済期日前に相談するのが理想です。

返済期日に遅れそうな場合も、必ず連絡を入れて相談してください。そうすれば、プロミス側から適切なアドバイスを受けられます。

返済が遅れてしまった場合

プロミスの返済期日に遅れた場合の遅延利息について

引用元:プロミス公式サイト|返済について(https://cyber.promise.co.jp/APC02X/APC02X04)

連絡なしに返済が遅れてしまうと「遅延利息」を支払うことになります。プロミスでの遅延利息は、20,0%(実質年率)です。この年率は、利息制限法の範囲なので、過払い金になりません。

一括返済したい場合

プロミスは借り入れ金全額を一括で返済することもできます。方法としては次のとおりです。

  • インターネット返済(約1,100の金融機関でご利用可能)
  • スマホATM
  • コンビニ・提携ATM
  • プロミスATM
  • 銀行振込

詳しい操作方法は、プロミスの返済方法をご覧ください。

一括返済の確定金額については、全額返済する日によって利息が変わるので、会員ページかプロミスコール(0120-24-0365)で確認してください。

プロミスの返済方法

プロミスの返済方法は以下のとおりです。

  • インターネット返済
  • コンビニ・提携ATM
  • 三井住友銀行ATM
  • スマホATM
  • 銀行振込
  • 口座振替
  • プロミスATM

この中で、よく利用されている方法を1つづつ解説します。

インターネットから返済

プロミスのインターネット返済のメリット

インターネット返済は、プロミスを利用されている方の手持ちの金融機関口座から返済ができます。自宅にいてもPCやスマホから操作できるので便利です。

インターネットから手続すれば、手持ちの金融機関口座から返済できます。原則24時間365日土日祝・夜間問わず振込手数料0円で返済が可能。

「ネットバンキング」が利用できる銀行口座が必要です。多くの場合は「ペイジー」というシステムを使っています。公式サイトで利用可能な銀行を確認できます。

参考 ・ペイジーを利用できる金融機関

手順としては次のとおりです。

  • 1、所持しているネットバンキング可能な銀行口座に返済額を入金しておく。
  • 2、各社のWEB管理画面から「返済」を選び、手順に沿って「ペイジー」で返済をおこなう。

インターネット返済の手順

画面の指示どおり操作すれば簡単にできます。

原則24時間の取扱いが可能ですが、以下の時間帯は受付を一時停止しています。

毎週日曜日23:00~月曜日7:00
毎月第3日曜日0:00~6:00、 および前日土曜日の23:00~24:00
各金融機関メンテナンス日

提携コンビニATMで返済

プロミスで返済可能なコンビニ一覧

提携コンビニATMを使った返済方法について解説します。

大手カードローン会社に共通する返済方法として、コンビニにあるATMを利用する方法があります。

  • セブンイレブン→セブン銀行ATM
  • ローソン→ローソン銀行ATM
  • ファミリーマート・デイリーヤマザキ(ポプラ・サンドラッグ等)→E-netATM
  • ミニストップ→イオン銀行ATM
  • ※リンクをクリックすると各コンビニATMのタッチ画面操作、取り引き時間等が見れます。

コンビニ店舗数が日本で一番多い「セブンイレブンのセブン銀行ATMのキャッシングのやり方」の動画解説です。 ↓

引用元:YouTubeセブン銀行(SEVEN BANK)

街にはコンビニ店舗がたくさんありますので、使い勝手としては一番便利だといえます。ただし、「紙幣での返済のみ」が多いので、百円単位ではできず、千円単位の扱いになります。

●コンビニATMで使えるスマホアプリの操作方法

プロミスは、セブン銀行ATMとローソン銀行ATMなら「スマホアプリ」でカードレス返済や借入ができます。詳しい操作方法はこちらのページを参考にしてください。↓

三井住友銀行ATM

三井住友銀行

三井住友銀行はプロミスと同じグループ会社の為、ATMが利用手数用無料で利用できます。コンビニATMは利用手数料がかかるので、こちらの方がお得です。

三井住友銀行ATMで返済されている方の意見です。

■40代 女性 会社員

プロミスローンカード

返済は、プロミスと同じSMBCの三井住友銀行ATMなら手数料がかからないでの、振込で返済しています。急いでいるときは、近くのコンビニATMなどで返済できるのでとても便利です。

三井住友銀行銀行には自動契約機が設置されており、プロミスの申し込みやカード発行もできます。すぐに借りれる即日融資もできます。

 

銀行系カードローンでコンビニ手数料無料の会社

消費者金融系の場合は、提携コンビニATMの利用手数料は有料です。しかし、次の銀行系カードローンは、提携コンビニATMの利用手数料は無料になっています。

なお、楽天銀行スーパーローンはネット銀行なので、自社店舗はありませんが、コンビニATMや銀行ATM等多くの会社と提携しています。

参考 ・楽天銀行スーパーローン提携ATM検索ページ

プロミスの店舗ATM

プロミスは全国に700以上の自社店舗・ATMがあります。借り入れ・返済は手数料無料で利用できます。

店舗・ATM検索はこちら

ちなみにプロミスと同じ大手消費者金融各社の店舗ATMは次のとおりです。

これらのATMは借り入れ・返済とも利用手数料無料です。

返済期日・変更について

返済期日は、5日・15日・25日・末日の中から選ぶことが可能。契約後に期日を変更することもできます。

プロミスは原則電話連絡なしで審査が進められる

プロミスは原則電話連絡なしで即日融資最短20分で借入可能

原則電話確認なし!
プロミス公式サイトはこちら

※原則電話による在籍確認なし

元金と利息を返済シュミレーションする

借りる時は利息計算をして無理なく使うのがおすすめ

プロミスや他の会社のカードローンを利用する場合の大事なコツの一つとして、事前に利息の計算をして元金と利息の返済の内訳額を知っておくことがあります。

返済をしているお金には、利息が含まれています。返済金額から利息を引いた元金分の残高が減少します。

利息の計算方法

利息だけを算出する場合の計算方法。

借り入れ金額(円)×金利年率(%)×借り入れ日数(日)÷365日

3万円を金利年率17.8%で30日間借りた場合の利息の計算の事例

3万円×17.8%×30日÷365日=約439円
となり、一括返済金額は30,439円となります。

3万円の残高なら、最低返済金額は2,000円です。2,000円だけ返済すると、元金は2,000円-439円で1,561円となり、残高は28,493円です。

返済シュミレーションを使って計算する方法について

1回で返済せず、数回に分けて返済する場合は、返済シュミレーションを使うと便利です。次の金額を簡単に計算し算出することができます。

  • 毎月の返済金額
  • 毎月の元金と利息の数字
  • 最終的な支払い金額
  • 返済回数

毎月の返済金額を減らしたい場合

毎月の最低返済額を調べておけば、毎月の負担を軽くして借りることができます。

例えば、アコムの返済方式は「定率リボルビング」と呼ばれる方式です。

アコムカードローンのお金の返し方「定率リボルビング」の内容

※対して「残高スライドリボルビング方式」という方式もある。

上の画像は毎月の最低返済額を計算する方法を示しています。一定の割合を乗じて計算されます。

先ほどの10万円をアコムで借りる場合、毎月の最低返済額は以下のとおりです。

100,000円×(借入金額の4.2%以上)=4,200円→アコムの場合百円単位は切り上げのため、5,000円となる。

まで返済額を下げられます。ただし、回数が増えると支払い利息が増えます。

毎月5,000円の返済の場合、回数と支払い利息をシミュレーションで調べると以下のようになります。

返済回数総支払い利息支払総額
24回(24ヵ月)19,722円119,722円

「3回分割」で「毎月34,338円」を返済した時の支払い利息は3,014円だったので、16,708円利息が増えています。

このように、毎月の返済を「34,338円」から「5,000円」に下げると毎月の負担は軽減されますが、借り入れ残高が減らず、借り入れ日数が増え支払い利息も増えます。

返済シミュレーションを使えば、分割払いをする場合でも、事前に支払い利息がわかります。上手に利用すれば、毎月の返済額と支払い利息とのバランスを確認できるので、計画を立てやすくなり自分に合った上手な返済ができます。

返済シミュレーションは各カードローン会社の公式サイトで利用できるようになっています。特に数十万円のお金を分割払いする場合は、借りる前に必ずシミュレーションをしておきましょう。

●プロミスの金利について

プロミスの金利は、年率4.5%~17.8%です。金利は借入限度額が大きくなれば下がります。どのくらい下がるのか?については、他社カードローン会社と比較して解説しています。参考にしてみてください↓

プロミスの返済に関するよくある質問と回答FAQ

プロミスの月々の最低返済額を知りたいのですが

プロミスの毎月の最低返済額は、借り入れ残高によって変動します。そのため、公式サイトには最低返済額一覧がありません。こちらのページで最低返済額の参考例をご確認ください。→※詳しくはこちら また、プロミスと契約するとログイン画面から実際の毎月の返済額が自動計算され表示される仕組みです。

プロミスの返済をするときの方法は?

プロミスの返済法は8種類です。インターネット返済、提携コンビニATM、スマホATM、口座引落、銀行振込、三井住友銀行ATMプロミス店舗ATM。各返済方法の詳しい解説はこちらをご覧ください。→※詳しくはこちら

返済期日は変更できますか?

できます。毎月の返済日は5日・15日・25日・末日の中から選べます。インターネットやアプリの会員サービス内の「毎月のご返済期日変更のお申込」から申し込みできます。

毎月の最低返済額より多く返済できますか?

できます。プロミスでは毎月の最低返済額以上の返済を任意でいつでもおこなえます。一括返済も可能です。

iAnswer株式会社編集部

貸金業務取扱主任者。実際にカードローンに申し込みした方の体験談や金融機関の取材情報をお届けします。FPエージェンツ通信では、カードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まり、知識やスキルをいかし執筆・監修を行っています。

iAnswer株式会社編集部

貸金業務取扱主任者。実際にカードローンに申し込みした方の体験談や金融機関の取材情報をお届けします。FPエージェンツ通信では、カードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まり、知識やスキルをいかし執筆・監修を行っています。