""

初心者必見!カードローンとは?をわかりやすく解説。初めてでも上手に使うコツを伝授

元銀行員がカードローンとは?についてわかりやすく解説します
カードローンとは?についてわかりやすく解説します。

ずばりカードローンとは、

金融機関が個人に対しておこうな融資の一つで、使用目的が自由で、担保を必要としない融資サービスのことです。

さらにカードローンとは、をわかりやすくいうと、

あらかじめ決められた融資限度額の範囲内ならいつでもお金を借り入れでき、その使いみちも自由です。

カードローンを利用するにはいくつかの条件をクリアする必要があります。それらの内容をしっかりと理解し申し込みをおこなえば、カードローンの契約をすることも可能です。

そして、契約後、実際にカードローンを利用するときの注意点もわかりやすく解説しています。

このページでは、カードローンとは?を理解するためにわかりやすく解説します。

ぜひ最後まで読んでみてください。




監修者u・i 女性。元銀行員でファイナンシャル・プランニング2級資格取得者

U・I 元銀行員 女性

元大手銀行員。メガバンクに8年勤務し、預金やローンを担当してきました。カードローンの窓口では相談が多く、300件以上の方の対応を親身に行い、解決してきました。さまざまな案件を通じて得た経験や幅広い知識を記事執筆・監修に役立てることができ嬉しく思っています。保有資格:FP2級生命保険募集人資格損害保険募集人資格

iAnswer株式会社編集部加藤明久

iAnswer株式会社 加藤明久

貸金業務取扱主任者及びファイナンシャル・プランナー資格取得。実際にカードローンに申し込みした方の体験談や金融機関の取材情報をお届けします。FPエージェンツ通信では、カードローン利用経験者や元貸金業勤務経験者、銀行勤務経験者が集まり、知識やスキルをいかし、わかりやすく執筆・監修を行っています。

目次

そもそもカードローンとは?12個の概要をわかりやすく解説

まずは「カードローンとは何か?」の初歩知識をわかりやすく解説します。(画像解説もあるので、辞典や辞書で見るよりわかりやすくなっています。)

※そのあとに各項目ごとの詳細をわかりやすく解説します。

冒頭にも解説したとおり、カードローンとは「個人が金融機関からお金を借りるためのサービス」です。

その1 カードを使ってATMからお金を借りることができる

「カードローンとは?」の名称には「カード」という単語があります。カードローン会社と契約をすると「カードが発行」されます。

消費者金融系カードローン「アコム」のカード画像

※消費者金融系カードローン「アコム」のカード画像

カードローン会社のカードデザイン

「どんなカードがあるのか?」各カードローン会社のカードデザイン一覧。色々なカラーやデザインがあり、見ているだけでちょっと楽しいかも。

※画像をクリック・タップすると拡大して見れます。

消費者金融系カード銀行系カード
JCB FATIH(フェイス)のカードローンとは(デザイン画像)JCBカードローンFATIH(フェイス)三菱UFJ銀行カードローンのバンクイックとは(デザイン画像)三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」
SMBCモビットのカードローンとは(デザイン画像)SMBCモビットカードローン楽天銀行スーパーローンのカードローンとは(デザイン画像)楽天銀行カードローン
プロミスのカードローンとは(デザイン画像)プロミスカードローン三井住友銀行のカードローンとは(デザイン画像)三井住友銀行カードローン
レイクのカードローンとは(デザイン画像)レイクカードローンみずほ銀行のカードローンとは(デザイン画像)みずほ銀行カードローン
横浜銀行のカードローンとは(デザイン画像)横浜銀行カードローン


このカードを使えば銀行などの金融機関のATMや、コンビニに設置されているATMから、お金が必要なときにいつでも借り入れをすることができます。

カードローンとはATMからキャッシングができるサービス

カードローンとは、まさに「キャッシングが手軽にできるおすすめの便利なツール」といえます。

↑このコラムの目次に戻る

その2 利用目的について

ローンには色々な種類があります。まず「融資の目的」について区別すると、「住宅ローン」「自動車ローン」のような目的が限定されるローンと、利用目的が自由な「フリーローン」に分類できます。

カードローンで借りたお金はショッピングや旅行など自由に使える

カードローンはショッピングや旅行の費用など、融資金を何に使ってもよいという点でフリーローンの一つです。※ただし「事業性の目的」には使えない。

↑このコラムの目次に戻る

その3 取扱い金融機関について

カードローンサービスを扱っている金融機関は消費者金融と銀行があります。

消費者金融系カードローンと銀行系カードローンを比較した場合、「金利や利用条件、ローン審査の内容、融資スピード」などに違いがあります。※詳細は目次「消費者金融系カードローンとは?・銀行系カードローンとは?を比較」でわかりやすく解説します。

↑このコラムの目次に戻る

その4 担保・保証人について

現在のカードローンは、消費者金融系・銀行系のどちらの会社もほぼ「担保・保証人」は不要。保証会社が保証している場合が多いので必要ありません。したがって、万が一の債務不履行があってもリスクは最小限に抑えられます。

無担保・無保証でお金が借りられるカードローン

豆知識

カードローンは1980年代に始まったといわれていますが、当時は「有担保・有保証人」でしか融資を受けられないという条件が一般的でした。

しかし、2023年現在では「無担保・無保証で借入できるサービス」となっています。

↑このコラムの目次に戻る

その5 申し込みが必要

カードローンを利用したい方は、必ず「申し込み」が必要です。申し込み方法で多いのは、「スマートフォン・PCを使ったWEB申し込み」です。多くのカードローン会社では24時間いつでも申し込みが可能です。

カードローンの申し込みはスマートフォンやPCから24時間可能

↑このコラムの目次に戻る

その6 必ずローン審査を受ける

カードローンを利用する際は、まず申し込みが必要です。そして申し込み後にカードローン会社にて「ローン審査」がおこなわれます。

ローン審査がおこなわれるカードローンとは

ローン審査では主に申し込み者の「個人信用情報の確認」がおこなわれます。

確認方法は、「指定信用情報機関」という国の定める機関に照会する方法です。

またローン審査では申込書以外に次のような書類提出が必要です。

  • 本人確認書類(運転免許書・健康保険証等)
  • 収入証明書(50万円以上の借り入れをしたい場合)

※ローン審査の詳細については、このページの目次「カードローン融資のローン審査の流れ」でわかりやすく解説しています。

↑このコラムの目次に戻る

その7 借り入れができる金額

契約時に「融資限度額」が決められます。(ローン審査にて決定されます)その範囲内で借り入れができます。

一般的な融資限度額の幅は「1万円~1000万円程度」です。

↑このコラムの目次に戻る

その8 お金を借りると毎月返済をおこなう

「カードローンでお金を借りる」場合、毎月一定の金額を返済します。返済方法は「分割払い」「一括払い」などがあります。

カードローンで借りたお金は一括返済か毎月分割返済します

詳しくはこのページの目次「返済条件・方法返済の重要性とは?」でわかりやすく解説しています。

↑このコラムの目次に戻る

その9 「金利」と「利息の支払い」について

カードローンでお金を借りると、必ず「金利」が設定されます。

金利の利率を元に利息の計算をおこない、「元金と利息を合算」して返済します。

利率が高いほど、利息額は多くなります。

カードローンには金利が設定され、利息を計算して元金と一緒に返済

詳しくはこのページの目次「お金を借り入れすると金利に対しての利息が発生する」「利息のシミュレーション」でわかりやすく解説しています。

↑このコラムの目次に戻る

その10 メリット・デメリットや注意点

メリットに関しては次のような点です。

  • カードを使って、または銀行などの金融機関口座への振込を使って手軽にお金を借りられる
  • 緊急にお金が必要なときに現金を引き出せる
  • ローンカードを所持していても経費・年会費等は発生しない(クレジットカード等は年会費がかかるものもある)
  • 一定の返済金額を分割式に返済ができる(ただし金利利息がかかる)
  • 返済中でも貸付限度額以内なら何度でも追加融資がおこなえる

デメリットに関しては次のような点です。

    • お金を借りやすいので、計画性を持たないと融資金額がいつの間にか増えてしまう
    • 住宅ローンのような「目的のあるローン」より金利が高い

カードローンにはお金が必要なタイミングに合わせて、手軽に借り入れができるメリットがあります。

一方、「いつでも借り入れができる」ため、必要以上に借り入れをしてしまうこともあります。カードローンは計画性を持って利用することが重要です。

また、ギャンブルのお金をカードローンやキャッシングリボで借りると、借入金が急増し返済できず自己破産する危険性が高くなるため、利用してはいけません。

※一般社団法人全国銀行協会公式動画「カードローン借りすぎに注意」

万が一、借入れが増えすぎて返済ができないと感じたときは、すぐに相談窓口を利用して、最悪の事態を回避することが重要です。

参考

全国銀行協会相談室・あっせん委員会 | 一般社団法人 全国銀行協会

貸金業相談・紛争解決センター 相談窓口のご案内

多重債務についての相談窓口|金融庁

※返済金減額や利息減額の相談は各カードローン会社の相談窓口も利用できます。

↑このコラムの目次に戻る

その11 急いでいるときでも即日融資が可能

初めてカードローンの申し込みをする人でも、借り入れを急いでいる場合、カードローン会社によっては「即日融資」の対応ができます。

カードローンは急いで借りたい時にも役立ちます

詳しくはこのページの目次「即日キャッシングのできるカードローンとは?」でわかりやすく解説しています。

↑このコラムの目次に戻る

その12 上手な使い方

カードローンと聞くと何かちょっと怖いイメージを持つ人もいるかもしれません。ですが、上手な使い方をわかっていれば有効に活用できるサービスです。

資金業者や銀行は法律で定められた「貸付条件等の掲示」を必ずおこなっています。

  • 貸付けの利率
  • 返済の方法
  • 返済期間及び返済の回数
  • 違約金や賠償額について元本に対する割合
  • 担保の必要な場合の担保に関する事項(個人向けカードローンはほとんどが無担保・保無保証)
  • 主な返済の例
  • 参照元:法令リード貸金業法

これらの情報は、各公式ホームページで確認できます。カードローン利用者にとって重要な項目です。最初にしっかりと理解しておく必要があります。

ローンでお金を借りる場合、「借りている期間(日数)が長ければ長いほど利息が高くなる」という仕組みです。

したがって、「できるだけ利用期間を短くする」ことを心がけてください。1日でも早く返済することが利息負担を軽減できる上手な使い方です。

たとえば、「月末に支払いが重なり、給料日までにどうしても現金が足らない」というときなどに、短期間だけ利用するような方法なら特に問題は発生しません。

上手なカードローンの使い方は早期返済を心がける

分割払いが必要な融資をおこなう場合は、返済シミュレーションで毎月の返済額と回数を確認し、「無理のない返済ができるかどうか?」を事前に確認しましょう。

そして毎月の返済日までに返済することが重要です。

キャッシングコーナーやコンビニエンスストアのATM・インターネットの管理画面からインターネットバンキングで返済できるカードローン会社も多いので、手間がかかるということはほとんどありません。

引用元:PayPay-BankYouTube公式チャンネル

※動画解説そもそもキャッシングやローンって何?

ではここから、さらに詳細についてわかりやすく解説していきます。

↑このコラムの目次に戻る

カードローン融資のローン審査の流れ

カードローンを利用するには、必ずローン審査を受ける必要があります。

カードローンの申し込みを受けた金融機関は、申し込み時に提出された「名前・住所・性別・年齢・生年月日・現在のローンの残高・過去のローンの履歴」などの基本的な個人情報を確認し「融資ができるかどうか?」の最終判断をおこないます。

ローン審査の流れとしては次のようになります。

  • 1、申し込み(最近はWEB申し込みが多い)
  • 2、本人確認・・・本人書類の提出。場合によっては収入証明書の提出も
  • 3、ローン審査・・・指定信用情報機関への照会。過去の借り入れ状況の履歴や他社の借入金の有無などを調べる
  • 4、勤務先への在籍の確認・・・多くは電話での確認

ローン審査はカードローン会社がおこなうもので、申し込み者は何もする必要はありません。ローン審査結果の連絡を待ちましょう。

※大手消費者金融系カードローン会社なら、最短時間は30分~1時間程度。銀行系カードローン会社は、最短翌日に結果がわかる。

申込に必要な書類と契約について

  • 本人確認・・・運転免許証のコピー・健康保険証のコピー等
  • 収入が確認できる証明書・・・源泉徴収票・給与明細書の写し等

ローン審査に関するわかりやすい解説については、各専用ページを参考にしてみてください。↓

 

契約について

審査を通過できると、カードローン会社と契約を結びます。

貸金業法では、「契約締結時の書面の交付」を義務付けています。

貸金業法第17条(抜粋)

貸金業者は、極度方式基本契約を締結したときは、遅滞なく、内閣府令で定めるところにより、次に掲げる事項についてその極度方式基本契約の内容を明らかにする書面をその相手方に交付しなければならない。

一 貸金業者の商号、名称又は氏名及び住所
二 契約年月日
三 極度額
四 貸付けの利率
五 返済の方式
六 賠償額の予定に関する定めがあるときは、その内容
七 日賦貸金業者である場合にあつては、第十四条第五号に掲げる事項
八 前各号に掲げるもののほか、内閣府令で定める事項

引用元:貸金業法第17条 – Wikibooks

 

契約内容にはカードローン利用に関する重要事項が書かれているので、必ず目を通しておきましょう。

お金を借り入れすると金利に対しての利息が発生する

カードローンの利息について解説します。

カードローンでお金を借りると、「利息の支払い」が発生します。利息の計算は次のとおりです。

1、まず「借りている金額に各カードローン会社で設定されている金利年率を乗じます。」

「借りているお金の金額×金利(%)」

2、そうすると、「1年間の利息」が算出されますので、それを365日で割ると「1日の利息」が算出できます。

3、「1日の利息」に実際に借りていた日数を乗じます。「定期的な返済」は1ヵ月ごとなので、約30日で計算され利息と元金の返済をおこないます。

※このあとに実際の「利息計算のシミュレーション」をわかりやすく解説します。

 

カードローン以外のローンの金利について

ローンにはさまざまな種類があります。そして、ローンによって金利設定は大きく違います。

カードローンで借りたお金は「自由に使える」条件ですが、借り入れ金額の目的が決まったローンで借りる場合は、金利が低くなります。

目的別ローンでお金を借りるときの詳細についてはこちらのページを参考にしてください。↓

利息計算のシミュレーション

例えばカードローンで5万円を借りた場合、金利年率が18%の設定であれば「1年間の利息」は、

50,000円×18%=9,000円

となります。これが「1年間5万円を返済せずに借りた場合の利息」です。※実際のカードローンには、毎月の返済義務があります。

そして365日で割ると、「5万円を借りたときの1日の利息」が計算できます。

9,000円÷365日=約24.65円

30日後に全額返済する場合の利息は次のように計算されます。

24.65円×30日=約739円

または、

50,000円×18%×30日÷365日=約739円

この金額を利息として上乗せし、50,739円の返済をして完済となります。

分割払いの場合

カードローンの返済条件や返済方法。返済の重要性について

カードローンの主な返済条件は、「残高スライド式返済」によって決まります。

借り入れ残高に応じて、最低返済額を毎月1回返済していきます。

毎月の返済額は、基本的に「借り入れ金額が多いほど、返済額も多くなる」仕組みです。毎月の返済額はカードローン会社によって異なります。

また、カードを使ってATMから、ネットからの振込を使って「任意返済」がいつでも可能です。

返済の方法

各会社によっていくつかの返済方法があります。

振替、各会社の専用ATM、キャッシングコーナーやコンビニエンスストアのATM、ネットバンキング等で返済することができます。

返済を忘れないことは重要

ついうっかり返済を忘れて遅延や延滞をしてしまうと、その後の利用が制限されたり、契約解除をされてしまいますので、返済の約束を守ることは重要です。

ローンの返済は早ければ早いほど利息負担が減りますので、積極的に返済していきましょう。

消費者金融系カードローンと銀行系カードローンを比較

大手消費者金融系カードローンとは、「アコム」「プロミス」「レイク」「アイフル」「SMBCモビット」「JCBカードローン」といった、貸金業の許可を持っている会社です。

一方銀行系カードローンとは、「三菱UFJ銀行」「三井住友銀行」といった「銀行のカードローンサービス」です。

この2つのカードローンは、「適用される法律」が違います。

銀行と貸金業者(消費者金融)のカードローンは、そもそも次のように別の法律に基づいて運営されています。

・銀行のカードローン・・・銀行法
・貸金業者(消費者金融)のカードローン・・・貸金業法

この違いによって、貸金業者のカードローンには年収の3分の1以上は貸付ができない「総量規制」という法律が適用されます。

しかし、総量規制がない銀行でも、個人向け無担保カードローンの貸付は年収の3分の1までに基準をおいてサービスをおこなっています。

さらに全体的な比較をすると、次のようになります。

銀行系のカードローン貸金業者のカードローン
金利低い高い(一部の会社を除く)
審査時間遅い早い

消費者金融系カードローンのメリット

銀行系カードローンと比較して、ローン審査の時間が短いので融資までの時間を早めることができます。申し込みをしたその日に即日融資が可能です。(ローン審査終了後)※目次「即日キャッシングのできるカードローンとは?」で詳しく解説。

銀行系カードローンと比較して審査のハードルが低いといった点もあります。

しかし、消費者金融系のカードローンは金利が高い特徴をもっています。

初めての申し込みなら無利息期間がある

また大手の会社では「無利息期間サービス」を設けているところもあります。

消費者金融系カードローンのおすすめの会社はこちらでわかりやすく紹介しています。↓

銀行系カードローンのメリット・デメリット

銀行系カードローンは消費者金融系カードローンと比較して、金利が低くなっています。

例 消費者金融系カードローンと銀行系カードローンの金利比較

    ●銀行系カードローンの金利

  • 三菱UFJ銀行カードローン「バンクイック」 金利 年1.8%~年14.6%
  • みずほ銀行カードローン 金利 年1.5%~年13.5%
  • 三井住友銀行カードローン 金利 年4.0%~年14.5%
  • 楽天銀行カードローン 金利 年1.9%~年14.5%
  • りそな銀行カードローン 金利 年3.5%~年13.5%
  • 福岡銀行カードローン 金利 年3.0%~年14.5%
  • 西日本シティ銀行カードローン 金利 年13.0%~年14.95%
  • 十八親和銀行カードローン 金利 年3.0%~年14.5%
  • 千葉銀行(ちばぎん)カードローン 金利 年1.4%~年14.8%
  • 静岡銀行(しずぎん)カードローン 金利 年4.0%~年14.5%
  • 十八親和銀行カードローン 金利 年3.0%~年14.5%
  • 北陸銀行カードローン 金利 年1.9%~年14.6%
  • 常陽銀行カードローン 金利 年1.5%~年14.8%
  • 紀陽銀行カードローン 金利 年3.8%~年14.9%
  • 佐賀銀行カードローン 金利 年2.0%~年14.6%
  • 東邦銀行カードローン 金利 年4.8%~年14.6%
  • セブン銀行カードローン 金利 年15.0%
  • au銀行カードローン 金利 年1.48%~年17.5%
  • paypay銀行(旧ジャパンネット銀行)カードローン 金利 年1.59%~年18.0%
  • ●消費者金融系カードローンの金利

  • アコムカードローン 金利 年3.0%~年18.0%
  • レイクカードローン 金利 年4.5%~年18.0%
  • プロミスカードローン 金利 年4.5%~年17.8%
  • アイフルカードローン 金利 年3.0%~年18.0%
  • SMBCモビットカードローン 金利 年3.0%~年18.0%
  • ●信用金庫系カードローンの金利

  • しんきん系カードローン 金利 年2.8%~年14.5%

消費者金融系カードローンの上限金利は約18.0%です。一方、銀行系カードローンの上限金利は一部の会社を除いて、13%台~14%台となっています。

大手の信頼感のあるおすすめの銀行系カードローンとしては、以下のとおりです。。

「楽天」や「みずほ」といった銀行カードローンはローン審査が厳しめ

ただし、銀行系カードローンのローン審査に関しては、「アコム」や「プロミス」といった消費者金融系カードローン会社と比較すると、ハードルは高くなるというのが一般論です。

大きな理由としては、貸金業と比較して銀行は低金利であるため利潤が少なく、万が一の貸し倒れがあった際に、被害が大きくなることが挙げられます。

その他銀行という企業の性質上、金融機関の業務の健全性および適切性の確保において、金融庁から厳しい目で監視されている点も関連しています。

個人向け無担保カードローンにおいては、ユーザーへの過剰な貸し過ぎによる債務不履行は回避するべき責任なども重んじています。

即日キャッシングのできるカードローンとは?

消費者金融系カードローンは、銀行系カードローンと比較して、金利が高いという点がデメリットとなりますが、

アコムやプロミス、レイク・SMBCモビット・アイフル等の大手消費者金融系カードローンの最も注目したいメリットは、

融資を急いでいるときに申し込み→借り入れが当日でできることです。

融資を受けたい、つまりキャッシングで現金を用意したい場合、緊急の事情がある方も多くおられるはずです。

そのような場合は「融資までの最短時間」を優先する必要がありますので、「消費者金融系カードローン一択」となります。※銀行系カードローンは最短で「翌日融資」です。

金融機関口座への振込が最短10秒で瞬時に実施される

消費者金融系カードローンは、カード発行前でも金融機関への口座振込を利用して借入でき、すぐに現金を利用できます。

例えば、即日融資ができるプロミスカードローンなら申込から審査と契約までが最短20分※で完了し、楽天銀行口座に10秒で借入金が振込されます。※平日・土日・祝日問わず24時間対応。

※お申込み時間や審査によりご希望に添えない場合がございます。

こちらのページで「即日融資ができるおすすめのカードローンとは?」についてわかりやすく紹介しています。↓

「Tポイント」が貯まる・使えるおすすめのカードローンとは?

「SMBCモビットカードローン」返済時にTポイントが貯まる・使えるサービスを提供しています。

SMBCモビットの返済におけるTポイント活用術の解説

こちらのページでわかりやすく解説されていますので、参考にしてみてください。↓

カードローンとクレジットカードの違い

カードローンとは「融資・借金」が可能なサービスです。

しかし「オリコ」や「エポスカード」「三井住友VISA」といったクレジットカードの一括払いやリボ払いは、カード型の「割賦販売法」であり、商品サービスが異なります。※会社の営業許可は同じ貸金業です。銀行は貸金業ではありません。

※一般社団法人全国銀行協会公式動画「カードローンとクレジットカードの特徴」

「リボ払い」と「分割払い」はどちらも返済で利用できるサービス

クレジットカードは、ショッピングで利用したお金を「リボ払い」で返済する方法があります。一方、カードローンは借入金を「分割払い」で返済できます。呼び方に違いがありますが、どちらも毎月少しづつ返済していける方法です。

ただし、クレジットカードにも「キャッシング機能」が付いたキャッシュカードがあります。クレジットカードで人気の「JCBクレジットカード」にもキャッシングができるカードがあります。↓

クレジットカードのサービスについては、こちらのページでわかりやすく解説されています。↓

「カードローンとは?」よくある質問と回答

カードローンを利用する目的やできることはなんですか?

さまざまな事情で現金が必要な時、銀行や貸金業者からお金を借りることができます。融資・キャッシングとも呼びます。※詳しくはこちら

  

カードローンは誰でも利用できるのですか?

利用できる人には「20歳以上の人」「定期的な収入がある人」など条件があります。カードローン会社によっても多少違いがあります。また申し込みをおこなえばローン審査に通過することが必要です。※審査についての詳細はこちら

  

カードローンを利用する際に注意する点はありますか?

カードローンの利用は融資なので、借りたお金を決まった期日に返済することが必要です。返済方法や仕組みなどを事前に確認しておきましょう。

  

カードローンでお金を借りると手数料などが発生しないのですか?

カードローンには金利の設定がされており、金利に対しての利息を支払う必要があります。金利は各カードローン会社によって違いがあります。

  

ヤフー知恵袋で「カードローン」のFAQを調べてみる

ヤフー知恵袋を利用すれば、カードローンに関するさまざまなQ&Aが掲載されています。

知りたい内容を検索すれば、関連情報を見ることができますので、参考にして見ましょう。↓

 

貸付条件を確認し、借りすぎに注意しましょう。

<返済等の相談・苦情窓口>

 
日本貸金業協会
0570-051-051
AM9:00~PM5:00 土・日・祝・年末年始休

全国銀行協会
0570-017-003
AM9:00~PM5:00 月~金曜日