法人プラチナカードおすすめ比較ランキング【2022年最新】

プラチナランクの法人カードのおすすめ比較ランキングを紹介
おすすめの法人プラチナカードをランキングで紹介します!

法人カードにおいて最高ランクとされているプラチナランク。性能・サービス・ステータスの全てが優良な、法人カードの中でも最高峰と言えるランクです。

一方で、有能すぎるあまり比較すべきことが多すぎるというデメリットがあります。また年会費も高く選択を失敗したくないことから、申し込みに踏み出せない人も居るのでは?

そこで当サイトでは、法人プラチナカードの比較を徹底的に実施。その情報から、おすすめの法人プラチナカードランキングを作成しました!

どの法人プラチナカードがおすすめか、ぜひランキングで確認してみてください。

どういった選び方で決めるべき?

カードの選び方

法人プラチナカードのおすすめランキングを確認する前に、選び方について確認しましょう。

法人プラチナカードを選ぶ際には、自分に必要なものが付帯しているかの確認と比較が重要。法人プラチナカードには様々なサービスが付帯されていますが、適切な選び方をしなくては、ステータス性以外のサービスを上手く活用できません。

ステータス性だけで充分という方もいるかもしれませんが、法人プラチナカードを上手に使いこなすことで、事業の大幅な効率化が見込めるかもしれません!

例えば飛行機の利用が多い会社では、法人プラチナカードのマイル還元率だけでなく、トラベルサービスも比較した方が良いでしょう。

主に保険・空港ラウンジの利用・トラベルサポートを軸におき、法人プラチナカードを選べば、旅行や出張時にも安心。これらの付帯サービスは、飛行機利用時にとても役立つものとなっています。

また保険については旅行傷害保険が高額なだけでなく、家族にも適用される家族特約や、所持しているだけで適用される自動付帯の法人プラチナカードがおすすめです。

法人プラチナカードによっては、飛行機が遅延した時や預けた荷物が破損した時にも補償が適用されるものもあるので、心配性な方は保険で比較する選び方を行っても良いでしょう!

空港ラウンジの利用についてですが、プライオリティパスの無料発行に対応しているかで、法人プラチナカードを比較する選び方を行ってみてください。

プライオリティパスとは、年会費約45,000円で世界100ヵ国以上の空港ラウンジを利用できるカード。プライオリティ・パスを無料で発行できる法人プラチナカードを選べば、対象国では待ち時間を優雅に過ごせます。

そして、経費削減を行うのであれば、ポイント還元率の高さと優待利用制度の充実度で法人プラチナカードを比較する選び方がおすすめ。

また、経費処理の簡略化を図るのであれば、経費管理ソフトの優待利用や追加カードの発行上限枚数、年会費などで法人プラチナカードを比較する選び方を行ってみると良いでしょう。

最新!法人プラチナカードおすすめランキング5選

それでは、法人プラチナカードのおすすめランキングを確認しましょう。ここでは以下5枚のカードを順に確認します。

  • セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
  • 三井住友ビジネスカード for Owners プラチナ
  • JCBプラチナ法人カード
  • ダイナースクラブビジネスカード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード

  • 年会費:税込22,000円 (条件により半額)
  • 発行対象:法人代表者 / 個人事業主
  • 国際ブランド:AMEX


ランキング1位はセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードです。

こちらは、マイル還元率が最大1.125%と非常に高いことが魅力の法人カード。それに合わせるかのように、トラベルサービスが充実していることも注目です!

  • 空港ラウンジの無料利用
  • 約45,000円のプライオリティパスを無料で発行可
  • コンシェルジュサービスの利用可
  • 国内外の旅行傷害保険を付帯


もう1つの魅力は、法人プラチナカードの中でも群を抜いて年会費が安いこと。これから紹介します法人カードと比較すれば分かりますが、数万円の単位でお得です。

ただでさえ低年会費にもかかわらず、年間利用額が200万円を超えると税込22,000円⇒税込11,000円にダウンするのだから驚き!

ちなみに、この法人カードにおける審査通過率を調査すると約55%と判明。2人に1人は通っている結果であり、プラチナでは通りやすい法人カードと言えます。

以上のことから、コスパ面と審査面において最強なので、おすすめの法人プラチナカードです!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックスの詳細へ

三井住友ビジネスカード for Owners プラチナ

三井住友ビジネスカード for Owners プラチナ

  • 年会費:税込55,000円
  • 発行対象:法人代表者 / 個人事業主 (共に満30歳以上)
  • 国際ブランド:VISA / Mastercard


ランキング第2位は三井住友ビジネスカード for Owners プラチナです。

こちらは、付帯サービスに定評のある法人プラチナカード。質はもちろん、数が非常に豊富で、法人カードの中でもトップクラスを誇ります。

そのデメリットなのか、他の法人プラチナカードと比較して年会費が高め。年会費は税込55,000円なので、ランキング1位と比較すると2.5倍も高い料金です。

ただ、この法人カードには年間利用額に応じたキャッシュバックサービスが存在。半年分の利用額における0.5%分ものギフト券を貰える (2,000円~30,000円) ため、高額の年会費を緩和させられます。

半年に1回の開催なので、年間1,000万円の利用額で年会費分を回収可能。300万円×2回でランキング1位に並べるので、かなりのキャッシュバックを期待できます。

高額の年間利用額を前提とした話になりましたが、それだけの支出を予想される人にはおすすめの法人プラチナカードです!

三井住友ビジネスカード for Owners プラチナの詳細へ

JCBプラチナ法人カード

JCBプラチナ法人カード

  • 年会費:税込33,000円
  • 発行対象:法人 / 個人事業主
  • 国際ブランド:JCB


ランキング第3位はJCBプラチナ法人カードです。

JCBが発行の法人カードは、旅行傷害保険の補償額が高いことで有名。例に漏れず、国内外で最高1億円の補償を受けられる旅行保険となっています。

保険と言えば、年間500万円まで補償のショッピング保険も完備。これだけの補償額なら、大抵のものは不備があっても問題ないことでしょう。

保険以外の嬉しいサービスを挙げるとグルメベネフィットも忘れてはいけません。

こちらは、レストランにてコース料理を2名以上の予約で1名分が無料になるサービス。国内の厳選されたレストランの料理を安価で堪能できるため、会食時などの利用に最適です。

様々なサービスを備えた法人カードですが、年会費は税込33,000円と手ごろな価格。バランスの良い法人プラチナカードが欲しい方は、こちらが非常におすすめです!

JCBプラチナ法人カードの詳細へ

ダイナースクラブビジネスカード

ダイナースクラブビジネスカード

  • 年会費:27,000円
  • 発行対象:個人事業主 / 法人の代表者または役員の方
  • 国際ブランド:Diners


法人プラチナカードおすすめランキング、第4位はダイナースクラブビジネスカード。この法人プラチナカードは、ANAマイルを貯めたいと思う方におすすめの1枚です!

ダイナースクラブビジネスカードは、会計時に100円の利用で1ポイントが貯まります。

このポイントは、なんと1:1のレートでANAマイルへと交換可能。なので、最大ANAマイル還元率1.0%の法人プラチナカードとなっています。

ANAマイルを貯める際、3年という有効期限があることから、狙っていた交換先に辿り着かない方もいます。

しかし、ダイナースクラブビジネスカードは、ポイントに有効期限がありません。そのため、ANAマイルの使い時までポイントのまま残しておけば、有効期限に追われることなく保管しておけて安心です!

ちなみに、デルタ航空やユナイテッド航空のマイルへも交換できます。ただし、マイル還元率が半分になってしまうので、基本的にはANAマイルへの交換がおすすめです。

そんなダイナースクラブビジネスカードは、従業員用の追加カードを何枚でも発行できます。しかも、年会費無料で発行できるので、法人カードを渡したい従業員分発行しても問題ありません。

ここで懸念されるのが、利用限度額によって、結果的に利用額が少なくなってしまうところ。ですが、ダイナースクラブビジネスカードは、希望できる利用限度額に上限がありません

上限がなければ、審査次第にはなるものの、高い利用限度額を希望できます。つまり、ダイナースクラブビジネスカードは、従業員への大量発行にも適した法人プラチナカード。

最高1億円の旅行傷害保険やコース料理1名分無料の予約サービスも魅力的なので、ぜひこの法人プラチナカードを検討してみてください!

ダイナースクラブビジネスカードの詳細へ

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

  • 年会費:130,000円
  • 発行対象:法人代表者 / 個人事業主
  • 国際ブランド:AMEX


法人プラチナカードランキング、第5位はアメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード(以下、アメックス・ビジネスプラチナ)です。

アメックス・ビジネスプラチナは、法人プラチナカードの中でも最高峰のステータス性を誇る1枚。それゆえ、費用に関係なく、圧倒的なステータス性を求める方におすすめします!

アメックスブランドと言えば、言わずもがな、世界中で知られているハイブランド。そのアメックスブランドの法人カードで、最も高いランクなのがアメックス・ビジネスプラチナです。

券面は、アメックスの象徴であるセンチュリオンマークを中心にあり、重みのあるシルバーを重視した高級感のあるデザインとなっています。

しかも、他の法人プラチナカードと違い、なんと素材がメタル製!見た目だけでなく、触り心地ですら他の法人プラチナカードと違いを生み出してきます。

高ステータスな法人プラチナカードともなれば、付帯するサービスはもちろんVIP!アメックス・ビジネスプラチナを所持していれば、世界各国にある有名ホテルにて、上級会員の資格を取得できます。

さらに、世界1,000ヶ所以上のリゾート施設やラグジュアリーホテルでは、優待特典付きで利用可能。普通であれば、数千・数万と費用が掛かるサービスでも、アメックス・ビジネスプラチナなら優待特典として提供されます。

アメックス・ビジネスプラチナの年会費は130,000円と、ランキングの中でも頭一つ抜けた金額。ですが、ステータス性やサービスを考慮すれば、当然の金額と言えるでしょう。

もし、高額な年会費を掛けてでも、圧倒的な法人プラチナカードが欲しい方は、アメックス・ビジネスプラチナ以外の選択肢はありません!

アメックス・ビジネスプラチナの詳細へ

最高クラスの1枚を持つメリットとは?

プラチナランクの法人カードを持つメリット

法人プラチナカードを持つメリットは、その高いステータス性にあります。

一般的に、法人プラチナカードは社会的信頼がないと審査が通らないとされています。その審査に通って所有者となれた方ならば、信頼性が高いということと同義なので、ある種の地位獲得のために法人プラチナカードは役立ちます。

そういった効果を見込めるのが法人プラチナカードなので、接待や部下との食事といった際に法人プラチナカードで会計を済ます姿を見た周囲は、きっとアナタを信頼できる人と思うことでしょう。

そんな最もステータス性が高い法人プラチナカードですが、ステータス以外にはどんなメリットがあるのでしょうか?

最もメリットと思えるのは、コンシェルジュサービスが利用できることにあるでしょう。

コンシェルジュサービスとは、電話一本で可能な限りのあらゆる要望に応えてくれること秘書的サービスのこと。

例えば、急な会食の予定が入ってしまったとき、その旨を伝えることで要望に沿ったお店を探し予約してくれたり、送迎バスを手配してくれたりしてくれます。また、新幹線チケットを手配や、道に迷ったときの案内などもしてくれるので、いつでも利用できる環境にあるととても助かります!

他にも、トラブルサービスを豊富に備えていたり、高額補償の保険を受けられたりするので、法人プラチナカードの導入はあなたにとって大きなメリットとなることでしょう。

法人カードプラチナカードの審査基準は厳しい?通りやすい条件を解説

審査基準について

法人プラチナカードの発行には、申請者が所持するに相応しいかを判断する審査が必ず行われます。発行会社によって審査基準は異なりますが、設立3年以上・黒字決算2期以上を満たす企業だと審査は通りやすいと言われています!

ただ、この審査基準はあくまでも推測なので、必ずしも満たさないと審査が通らない訳ではありません。

実は法人カードの審査では、申請者のクレジットカードヒストリー(以下:クレヒス)も大きく関わるので、それによっては審査基準に満たない方でも法人プラチナカードの審査に通ることも!

クレヒスとは、信用情報機関が管理しているお金に関係するやりとりのこと。

例えば、クレジットカードを持っている方であれば、その返済状況だったりキャッシング利用だったりの履歴を管理されています。また現代人なら誰もが持つスマホですが、その支払い期限を守っているか…といったこともクレヒスには影響してきます。

キチンと返済をすることで良質なクレヒスを積み上げてきた場合、その方は法人プラチナカードをを発行できる可能性が高いと言えます。

反対に、悪質なクレヒスを積み上げてきた方だと、審査基準を満たしていたとしても審査は落ちることも!

年会費で比較してみるのもおすすめ

プラチナ法人カードを年会費で比較

上質なステータスで利用者を魅了する法人プラチナカード。法人プラチナカードにしかない最高のサービスを夢見て、いつか持ちたいと思う方も多いでしょう。

しかし法人プラチナカードは、VIP級のサービスが付帯しているが故に年会費も高く審査も厳し目に行われ、簡単には手が出せない印象があるのも事実。

最も年会費が高いもので13万円など、上限知らずといっても過言ではない法人プラチナカードですが、22,000円前後で利用できるものも存在しています。

それに該当するのが、セゾンプラチナ・ビジネスアメックスカードMUFG・プラチナビジネス・アメックスカードの2券種なのです!

法人プラチナカードの中でも特に年会費が抑えられる2枚を比較した内容が以下になります。

安価帯の法人プラチナカード2枚の比較

法人カード名MUFGプラチナ・ビジネスアメックスセゾンプラチナ・ビシネスアメックス
券面MUFGプラチナ・ビジネスアメックスセゾンプラチナ・ビシネスアメックス
発行会社MUFGクレディセゾン
国際ブランドAmerican ExpressAmerican Express
発行対象法人代表者 / 個人事業主法人代表者 / 個人事業主
年会費税込22,000円税込22,000円
追加カード税込3,300円税込3,300円
ETCカード年会費無料年会費無料
利用可能額50万円~500万円5~500万円 (*審査により利用限度額の引き上げが可能)
ポイント名グローバルポイント永久不滅ポイント
ポイント還元率0.5%0.5% (海外利用時1.0%)
マイル還元率ANA:0.3% / JAL:最大1.125%
海外旅行傷害保険最高1億円最高1億円
国内旅行傷害保険最高5,000万円最高5,000万円
ショッピング保険年間最高300万円年間最高300万円
盗難補償
空港ラウンジ
付帯サービス空港ラウンジサービス
手荷物宅配サービス
ビジネス・アドバンテージ
スーペリア・エキスペリエンス
プラチナ・グルメセレクション
アメリカン・エキスプレス・コネクト
プラチナ・ホテルセレクション
コンシェルジュ
セゾンマイルクラブ
旅行傷害保険
プライオリティ・パス
Tablet®️ Hotels
セゾンプレミアムゴルフサービス
空港ラウンジサービス


MUFG・プラチナ・ビジネス・アメックスカード

MUFG・プラチナ・ビジネス・アメックスカード

年会費税込22,000円
マイル還元率
国際ブランドAmerican Express
旅行傷害保険補償額最高1億円


  • 海外では最高1.35%もの還元率を実現できるポイントプログラムが付帯
  • 最高補償額が1億円の保険サービスに加え、国内の空港ラウンジを無料利用可能
  • 飛行機の遅延にも対応の保険あり。とても手厚い保険を備えたいという出張者におすすめの一枚◎


三菱UFJが発行する法人プラチナカード、MUFGカード・プラチナ・アメックス。券面はブラックに輝く作りで、重厚感と高級感を併せ持つ最上級に相応しい法人カードです。

全体的に高いステータスを持ち、プラチナ特有の特別サービスもあり、利便性が非常に優れています。

しかし、年会費は税込22,000円と法人プラチナカードの中でも比較的安く利用者からは使い心地が良いと評判の法人カードです。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

セゾンプラチナ・ビジネス・アメックス

年会費税込22,000円
マイル還元率最大1.125%
国際ブランドAmerican Express
旅行傷害保険補償額最高1億円


  • 海外では最高1.35%マイル還元率が法人カードでNo.1の最高1.125%!(平均的な還元率の約3倍)
  • 通常年会費45,000円のプライオリティ・パスを無料で作ることが可能。出張者におすすめ◎


プラチナランクのコストパフォーマンスNo.1法人カード、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード。こちらもMUFGプラチナと同様、年会費は税込22,000円で利用できる法人カードです。

セゾンプラチナは、マイルの貯まりやすさが他の法人カードと比較してもトップクラス。マイル還元率1%を超える法人カードが少ない中で、最大1.125%は驚異の数値です。

またセゾンプラチナは、カード利用額に応じたマイルが付与されるポイント移行を必要としない貯め方ができるので、他の法人カードと比較してもその貯まり方は桁違い!

貯まったマイルは金券や商品との交換ができるので、会社にとって有益な使用ができます。ポイントを取るならMUFGプラチナ、マイルを取るならセゾンプラチナを選ぶのがおすすめです!

法人カードはプラチナランクが最高位!

法人カードはプラチナランクが最高位

法人カードには、巷で噂のブラックランクが無いのを知っていますか?

個人で扱うクレジットカードの場合、このブラックランクが最高位とされていますが、法人カードの場合はブラックランクが無いので、プラチナランクが最高位とされています。

そのため、ステータス性の高い法人カードが欲しいという方であれば、プラチナランクを選べばOK!

ちなみに、高ランクカードの申し込みではインビテーション制を採用していることが多いです。

インビテーション制とは、発行会社側からの案内が無ければ申し込めないカードのこと。

クレジットカードではプラチナランク以上となるとインビテーションが無ければ申し込めないことがほとんどですが、法人カードにおいてはインビテーション無しでも申し込めるプラチナランクが多いです。

特に、今回のランキングで紹介した5枚の法人カードはどれもインビテーション不要なので、安心して申し込んでください。

プラチナランク以外の法人カードも比較

プラチナランク以外も比較

法人プラチナカードランキング以外にも、メリットや選び方について解説しました。当ページを読んだことで、法人プラチナカードへの理解が深められたと思います。

しかし実際見てみると、法人プラチナカードは手を出しにくいという方も少なくないのでは?

もし法人カードの導入を考え直すのであれば、別ランクの法人カードを見てみることをおすすめします。

プラチナランク以外の法人カードであれば、年会費が安くなり審査もそこまで厳しくはなくなるので、入会のハードルは低くなることでしょう。

また、他の法人カードを正しく使用し続ければクレヒスも良好なものになるので、将来的に法人プラチナカードの審査に通りやすくなります。

法人カード比較ランキングへ