三井住友ビジネスプラチナカードの審査内容や年会費を紹介

三井住友ビジネスプラチナカードを紹介
  • 年会費:税込55,000円
  • 申込み:法人代表者
  • ブランド:VISA / Mastercard


最高ランクに相応しいサービスを備えた至極の法人カード「三井住友ビジネスプラチナカード」を紹介します!

法人カードにおける信頼性が高くサービスも一流、そんな1枚が欲しいですよね。それを叶える法人カードが三井住友ビジネスプラチナカードです。

この法人カードは、コンシェルジュを始めとしたゴールドでは受けられないサービスを備えています。

他にも、プライオリティパスの無料発行サービスや、旅行傷害保険の最高1億円補償など、安心のできる利便性に富んだ法人カードとなっています。

それに伴い、三井住友ビジネスプラチナカードの年会費は5万円と高額。ですが、年会費以上の還元を実現できるキャッシュバックサービスなど、5万円を支払う価値のある法人カードとなっています!

そんな三井住友ビジネスプラチナカードについて、当ページでは徹底解説します。他では見られない独自の審査データも掲載しているので、ぜひ最後までご覧ください!

年会費や限度額など、三井住友ビジネスプラチナカードの概要

三井住友ビジネスプラチナカードは、「三井住友」が発行するプラチナランクの法人カード。ブラックランクが存在しない法人カードにとって、最高ランクである希少性があります。

プラチナランクの法人カードのため、年会費は少々高めです。しかし、年会費が高いだけあり、非常に優秀なサービスを豊富に備えています。

そんな三井住友ビジネスプラチナカードの基本性能は以下の通りです。

カード名三井住友ビジネスプラチナカード
券面三井住友ビジネスプラチナカード
発行対象法人代表者
利用限度額最高500万円
年会費税込55,000円
追加カード年会費税込5,500円
ポイントプログラム名ワールドプレゼント
ポイント還元率0.5%
海外旅行傷害保険最高1億円
国内旅行傷害保険最高1億円
ショッピング保険最高500万円
プライオリティパス


国内外問わず、あなたの身の補償となる保険は最高1億円!ショッピング保険も最高500万円付帯しているので、安心できる法人カードです。


特に注目したい2つのメリット

こちらでは、三井住友ビジネスプラチナカードで特に注目したいメリットを紹介します。

年間最高6万円のキャッシュバックサービス!

年会費の高い法人カードでも、それ以上の還元を受けられるとなれば、導入への不安が軽減されるのではないでしょうか?

それを実現できるのが、三井住友ビジネスプラチナカードです!

三井住友ビジネスプラチナカードには、ギフト券によるキャッシュバックサービスが付帯しています。

キャッシュバックは、この法人カードの利用額に対して0.5%の還元半年で最高3万円分まで、年間では最高6万円までの還元を受けられます!

三井住友ビジネスプラチナカードの年会費は5万円です。

それに対し、最大還元は年間最高6万円。なので、利用額の多い方であれば、年会費以上の還元を受けられるかもしれません!

このキャッシュバックサービスですが、50万円以上の利用額という条件があります。

ですが、半年で50万円の経費を法人カードで支払っていれば良いので、そこまで難しい条件ではないでしょう。

三井住友ビジネスプラチナカードには極上のサービスが多数

三井住友ビジネスプラチナカードには、極上のサービスが備わっています。

なかでも、非常に魅力的なのが、「コンシェルジュサービス」と「プライオリティパス発行サービス」です。

コンシェルジュサービスとは、24時間365日対応の相談サービスのこと。ビジネスに関わることはもちろん、プライベートに関わることも対象です。

相談内容は、応えられる範囲内であれば何でも問題ありません。なので、秘書に代わるサービスと言われるほど、非常に優秀なサービスとして有名です。

そして、コンシェルジュサービスと同等に優れているのが、プライオリティパス発行サービスです。

このサービスは、プライオリティパスを無料で発行できるというもの。プライオリティパスとは、世界1,300ヶ所以上の空港ラウンジを利用できるカードのことです。

事業内容や規模によっては、飛行機を利用した出張のある方もいると思います。そんな方がプライオリティパスを所持すれば、多くのメリットを得られることでしょう!

プライオリティパスで入場できる空港ラウンジでは、フリードリンクや軽食、Wi-Fiや充電コンセントなどが利用可能。場所によっては、会議室やシャワールームが利用できることもあります。

そういったサービスを利用すれば、空港での待ち時間を有意義に使えること間違いなし!

疲労の軽減にも役立つので、出張時には特に便利なサービスだと思います。

他には、コース料理1名分を無料にできる「プラチナグルメクーポン」、一流ホテルで特別待遇を受けられる「プラチナホテルズ」なども付帯。これほどのサービスが備わっているので、三井住友ビジネスプラチナカードは非常に高性能と言えるでしょう!

国際ブランド(Visa/Mastercard)の選択が重要

三井住友ビジネスプラチナカードは、国際ブランドを2種類から選択できます。選択肢としては、「VISA」と「Mastercard」の2つです。

三井住友ビジネスプラチナカードの国際ブランドをVISAにすると、利便性の高い優待サービスを利用できるようになります。

特に、還元が高いことで魅力的なのが、「Kaligo」での優待サービスです。

Kaligoとは、宿泊施設を予約できるサービスのこと。このサービスを利用する際、なんと最大30%ものポイントやマイルの追加付与を受けられます。

これだけの還元を受けられれば、たとえ宿泊費の高い施設でも、一般的なものと変わらぬ値段で宿泊できるようなもの。

実質的にとはいえ、それが実現ができるのは嬉しいのではないでしょうか!

しかも、VISAは国内外で利用可能店舗の多い国際ブランド。法人カードとしての使い勝手で見ても、メリットが多いと言えます。

また、三井住友ビジネスプラチナカードの国際ブランドをMastercardにすると、「招待日和」というサービスが利用できます。

招待日和とは、特定のレストランを特別料金で利用できる予約サービスのこと。2名以上で予約する際、コース料理1名分が無料で利用できるようになります。

三井住友ビジネスプラチナカードには、そもそも同じ内容のプラチナグルメクーポンが備わっています。

ですが、対象店舗には違いがあるので、どちらも活用することで、さらなる経費削減を狙えることでしょう!

このように、VISAとMastercardの選択でサービスの異なる三井住友ビジネスプラチナカード。得られるメリットを考慮し、あなたに合った国際ブランドを選んでみてください!

三井住友ビジネスプラチナカードの審査は厳しい?

法人カードを発行するにあたって、審査を通過しなくてはいけません。

なので、三井住友ビジネスプラチナカードを検討するなら、どれほどの審査難易度なのか知っておく方が良いでしょう。

当サイトでは、三井住友ビジネスプラチナカードの審査通過率を調査しました。審査通過率とは、申し込み件数に対する審査を通過した方の割合のこと。他では見られない当サイト独自の情報です。

三井住友ビジネスプラチナカードを調査した結果、審査通過率が約10%であると判明。なんと、100人が申し込んだとすると、約10人しか審査を通過できないとわかったのです。

この独自調査では、法人カードの平均審査通過率が約45%とわかっています。それと比較すると、三井住友ビジネスプラチナカードの審査通過率は圧倒的に低いです。

この結果から、三井住友ビジネスプラチナカードへの申し込みはあまりおすすめできません。

審査に自信のある方のみ、申し込みを検討してみてはいかがでしょうか?

そんな三井住友ビジネスプラチナカードは、申し込みに際する必要書類が2種類あります。1種類は、パスポートやマイナンバーカードなどの本人確認書類。もう1種類は、登記簿謄本などの法人確認書類です。

もし、三井住友ビジネスプラチナカードを検討する方は、上記の必要書類を揃えてから申し込むようにしましょう。

新規入会者が対象!三井住友ビジネスプラチナカードのキャンペーン情報

三井住友ビジネスプラチナカードを検討する方に、嬉しい情報があります。それが、期間限定で実施している入会キャンペーンです。

現在、三井住友ビジネスプラチナカードに入会すると、最大6,000ポイントが貰えます。

入会月の2ヶ月後の月末までに決済した金額に対して、2%相当のポイントを受け取れるキャンペーンです。

このキャンペーンを利用すれば、三井住友ビジネスプラチナカードの年会費の負担が大幅軽減!ぜひお得なキャンペーンを利用して、下記ボタンから申し込んでみてください。

お申し込みは公式サイトへ

審査や性能の面から上位互換にあたる法人カード

三井住友ビジネスプラチナカードは、非常に優秀な法人カードです。

しかし、審査が通りにくいと思われるので、おすすめできる法人カードではありません。そこでおすすめするのが、「三井住友ビジネスプラチナカード for Owners」です!

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、三井住友ビジネスプラチナカードとほぼ同じ性能を持つ法人カード。

キャッシング機能などでいえば、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersが勝っていることがほとんどです。

しかも、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、審査通過率が約45%三井住友ビジネスプラチナカードと比較すると、約35%も上回っているのです!

このように、三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersは、様々な面から見て上位互換。さらに、個人事業主の方でも申し込めるので、この法人カードの導入をおすすめします!

三井住友ビジネスプラチナカード for Ownersの詳細